休場続きの横綱鶴竜 既に引退後の進路を決断?

2017/11/09 11:30

 11月12日から始まる大相撲九州場所で、ようやく4横綱が勢ぞろいするようだ。今年は5場所中4場所で休場し、師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)から「前半の連敗や、途中休場したときは、決断しないと」と告げられる鶴竜にとって“背水の陣”となる。

あわせて読みたい

  • ブヨブヨの稀勢の里、白鵬、鶴竜も休場 秋場所を制する新星は?

    ブヨブヨの稀勢の里、白鵬、鶴竜も休場 秋場所を制する新星は?

    週刊朝日

    9/10

    白鵬の「汚い」立ち合い “王様の耳はロバの耳”的に放置されてた?

    白鵬の「汚い」立ち合い “王様の耳はロバの耳”的に放置されてた?

    AERA

    1/30

  • 稀勢の里ついに横綱 「最後に勝つのは白鵬」時代は終わった?

    稀勢の里ついに横綱 「最後に勝つのは白鵬」時代は終わった?

    週刊朝日

    2/1

    崖っぷちに見える稀勢の里 1月場所全休でも引退勧告ナシの可能性

    崖っぷちに見える稀勢の里 1月場所全休でも引退勧告ナシの可能性

    週刊朝日

    12/26

  • 稀勢の里4連敗休場…聞こえ始めた「引退」へのカウントダウン

    稀勢の里4連敗休場…聞こえ始めた「引退」へのカウントダウン

    週刊朝日

    11/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す