清宮入団で崖っぷち 日ハム中田、気になる去就 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

清宮入団で崖っぷち 日ハム中田、気になる去就

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
フルスイングとはいかない、悩み多き秋、か (c)朝日新聞社

フルスイングとはいかない、悩み多き秋、か (c)朝日新聞社

「中田を獲得するとしたら阪神です。相思相愛の関係で、阪神の金本(知憲)監督と中田は以前から交流がありますしね」

 関西は大阪桐蔭高校時代に過ごした思い出の地。また、阪神には高校の先輩に当たる西岡剛もいる。ネックは2億8千万円と言われる年俸だろう。FA移籍となると、年俸が高騰する上に複数年契約の可能性が高い。また、移籍先から日本ハムへの人的補償や金銭補償も生じる。

 残留を決めたとしても、苦難の道を進むことになりそうだ。

「日本ハム球団は大幅に減額した年俸を提示すると言われ、中田のモチベーションは下がるでしょう」(前出のスポーツ紙デスク)

 年俸が下げられた上に、清宮重用となれば、中田の心中は察するに余りある。

 日本ハムでは過去、FA宣言の選手はほとんど移籍した。中田の悩める秋は深まっているに違いない。(本誌・大塚淳史)

週刊朝日 2017年11月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい