Bリーグ「スラムダンク世代」の指導者が台頭 名古屋D・梶山信吾HCに聞く

2017/10/14 16:00

 プロバスケットボールBリーグの2季目が開幕した。1部18チーム中、新しい指揮官は9人。1990年代にバスケブームを巻き起こした漫画「スラムダンク」に熱中した若い世代が、指導者として台頭してきた。中でも注目は高校・大学で日本一を達成し、三菱電機で名シューターとして活躍した名古屋ダイヤモンドドルフィンズの梶山信吾氏(40)だ。新任9人の中では4番目に若い指揮官に、今季の意気込みや期待する選手について聞いた。

あわせて読みたい

  • Bリーグ・ヘッドコーチが「過酷な練習」を強いる深い理由

    Bリーグ・ヘッドコーチが「過酷な練習」を強いる深い理由

    週刊朝日

    9/29

    井上雄彦「アルバルク東京 Bリーグ初V “王朝”誕生の予感」

    井上雄彦「アルバルク東京 Bリーグ初V “王朝”誕生の予感」

    週刊朝日

    6/20

  • 東京五輪に出られない? バスケ日本代表の危機感と秘策

    東京五輪に出られない? バスケ日本代表の危機感と秘策

    週刊朝日

    3/20

    『スラムダンク』井上雄彦が1年目を終えたBリーグにエール!

    『スラムダンク』井上雄彦が1年目を終えたBリーグにエール!

    週刊朝日

    6/9

  • 【井上雄彦ファイナル観戦記】獣になったA東京・田中大貴

    【井上雄彦ファイナル観戦記】獣になったA東京・田中大貴

    週刊朝日

    5/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す