U-18野球“史上最強打線”の呼び声空しく 今季ドラフトはどうなる?

2017/09/20 16:00

「史上最強打線」と言われて乗り込んだU-18野球ワールドカップ(カナダ)では、期待通りに打線が機能せず、3位に終わった高校ジャパン。4番の清宮幸太郎(早稲田実)は打率2割1分9厘、2本塁打で、「スイングスピードの速さや打撃の柔らかさ、そして飛ばす能力はズバ抜けている」と、プロのスカウト陣の評価は下がらなかったが、実力通りとは言い難い結果だったことは否めない。また、今夏の甲子園で大会記録を更新する6本塁打をマークした中村奨成(広陵)や、同じく右のスラッガーとして期待された増田珠(しゅう=横浜)にいたっては打率1割台と苦しんだ。

あわせて読みたい

  • 広陵・中村奨成、U-18の“大不振”はドラフトに影響するか?

    広陵・中村奨成、U-18の“大不振”はドラフトに影響するか?

    dot.

    9/14

    広陵・中村は「城島や谷繁より上」3つの“プロレベル”とは?

    広陵・中村は「城島や谷繁より上」3つの“プロレベル”とは?

    週刊朝日

    8/30

  • 【ドラフト2017】楽天 清宮と安田を回避して、広陵中村を狙うべき理由

    【ドラフト2017】楽天 清宮と安田を回避して、広陵中村を狙うべき理由

    dot.

    10/21

    早実・清宮VS履正社・安田  「超高校級スラッガー」を徹底比較した!

    早実・清宮VS履正社・安田  「超高校級スラッガー」を徹底比較した!

    dot.

    4/11

  • 清宮、中村率いる侍ジャパンU‐18は本当に「ベストメンバー」なのか?

    清宮、中村率いる侍ジャパンU‐18は本当に「ベストメンバー」なのか?

    dot.

    9/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す