「宮里藍引退」に丸山茂樹「こんな展開になるとは…」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「宮里藍引退」に丸山茂樹「こんな展開になるとは…」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
残りの試合に期待します! (c)朝日新聞社

残りの試合に期待します! (c)朝日新聞社

 今シーズン限りでの引退を表明し世間を驚かせた宮里藍(31)。丸山茂樹氏は、その理由に納得したという。

*  *  *
 長らく日本の女子ゴルフ界を牽引(けんいん)してきた宮里藍ちゃん(31)が、今シーズン限りでの引退を表明しました。

 何かあるな、とは思ってたんです。藍ちゃんは今シーズン、例年よりたくさん日本の試合に出てて、しかもこれまでお世話になったスポンサーさんの試合を選んでましたから。女子プロゴルファーとしては非常に難しい年齢でもあるし。でも、はっきりと「引退」という言葉を使って、「100%復帰はないです」と言いきるとは想像してませんでした。

 米女子ツアーで9勝目を挙げて、はた目には絶頂期に見えた2012年の後半にモチベーションの維持が難しくなった、と。自分ではピークを迎えてるつもりなのに、メジャーのタイトルが遠くて、自分を見失ったというんですね。アメリカで9勝もしてたら、それだけでずっと胸を張れる人もいる。僕なんかは海外のメジャーというのは雲の上の存在で、「どっかでチャンスが来れば」と思ってたんですけどね。米ツアーで戦うってことが、僕にとって最大のテーマでしたから。でも藍ちゃんはそれ以上のステージを見てたんですね。そう考えると、藍ちゃんの言葉は「なるほどな」って理解できます。

 高校3年の当時最年少で日本ツアーで勝って、プロに転向して。もう「藍ちゃんフィーバー」でしたからね。藍ちゃんが高3で優勝した03年シーズンの女子ツアー賞金総額は約19億円。それが今シーズンは約37億円ですから。日本で女子ゴルフの人気を爆発させて、引っ張ってきたんですよ。僕より年下ですけど、これはもう尊敬です。

 藍ちゃんはアメリカで悩んで、得意だったパターがイップスになったんですね。僕にも経験がありますけど、メンタル面の揺れがあると、自分が得意だったものとか、大事だったものに影響が出てきちゃうことがよくあるんです。自分の背中に乗ってた荷物ってのが、それだけ大きかったんじゃないかと思いますね。心身ともに、ほんとに疲れちゃったんでしょう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい