やさしい増田明美に“腹黒い過去” 高校時代はまるで「少女漫画」? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

やさしい増田明美に“腹黒い過去” 高校時代はまるで「少女漫画」?

このエントリーをはてなブックマークに追加
増田明美(ますだ・あけみ)/1964年、千葉県生まれ。成田高校在学中の81年、多くの中長距離種目で日本新記録をマーク。高校3年で初めて出場したマラソンで、当時の日本最高記録を樹立。卒業後、川崎製鉄千葉の実業団に入り、84年ロサンゼルス五輪代表。日本最高記録を12回、世界最高記録を2回更新。引退後はスポーツジャーナリストとして執筆活動、マラソン解説などに携わる。大阪芸術大学教授。現在NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のナレーターも務める。(撮影/写真部・岸本絢)

増田明美(ますだ・あけみ)/1964年、千葉県生まれ。成田高校在学中の81年、多くの中長距離種目で日本新記録をマーク。高校3年で初めて出場したマラソンで、当時の日本最高記録を樹立。卒業後、川崎製鉄千葉の実業団に入り、84年ロサンゼルス五輪代表。日本最高記録を12回、世界最高記録を2回更新。引退後はスポーツジャーナリストとして執筆活動、マラソン解説などに携わる。大阪芸術大学教授。現在NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のナレーターも務める。(撮影/写真部・岸本絢)

 選手時代に女子陸上の記録を次々と塗り替え、現在は深い取材による「小ネタ」をちりばめたマラソン解説でおなじみのスポーツジャーナリスト・増田明美さん。作家の林真理子さんがそんな彼女の「小ネタ」を引き出しました。

* * *
林:増田さんは、千葉の成田高校陸上部のとき、監督の自宅に下宿していたんですよね。同い年のライバルの子との同居生活が、すごくつらかったとか。

増田:ライバルがふすま一枚隔てて隣にいるんですからね。住み始めるまで知らなかった。同じ屋根の下に、同じ種目の、しかも力が同じぐらいのライバルと同居するなんて。

林:そうなんですか。

増田:同居していたのは樋口葉子さんという選手ですが、私はすごく負けず嫌いだったので、葉子に負けたくないといつも思っていて。1週間後に試合というときに、彼女の練習タイムのほうがよかったりすると、この1週間で葉子を太らせようと思って、彼女のごはん茶碗にギュウギュウ詰め込んだり、朝練習に遅刻させようと思って時計を遅らせたり。

林:まあ! それって少女漫画みたいじゃないですか(笑)。

増田:彼女とはいま仲がいいんですけど、穏やかな人で、ぜんぜん気づいてなくて「明美、そんなことしてたんだ」って言うんです。彼女がそういう性格だったから、私は日本記録を作れた。彼女が私みたいな性格だったら、あそこで疲れ切って、とてもできなかったと思う。

林:このやさしい増田さんに、そんな腹黒い過去があったとは(笑)。

増田:スポーツはきれいごとじゃないということを、教えてもらいましたね。若いときは未熟だから、勝ちたいという気持ちが強いと、すごく意地悪なこともしてしまう。性(さが)がむき出しになるから、「これも私なんだ」とわかるのもスポーツなのね。

林:一流のスポーツマンって人間的にもすぐれていて、私たち一般人が持っている変な競争心がなくて、さわやかで清廉な人たちが上り詰めていく印象がありますけどね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい