中田英寿はモテない? ドン小西がオシャレの“唯一の欠点”を指摘 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中田英寿はモテない? ドン小西がオシャレの“唯一の欠点”を指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加
元サッカー選手 中田英寿/1977年、山梨県生まれ。Jリーグや日本代表で活躍。イタリア・セリエAのペルージャ、パルマなどを経て、2006年、現役を引退。世界を旅したのち、現在は日本文化を世界に広める活動のほか、国際サッカー評議会諮問委員などを務める=3月14日、「第12回GINZA FASHION WEEK」オープニングイベントに登場(撮影/写真部・東川哲也)

元サッカー選手 中田英寿/1977年、山梨県生まれ。Jリーグや日本代表で活躍。イタリア・セリエAのペルージャ、パルマなどを経て、2006年、現役を引退。世界を旅したのち、現在は日本文化を世界に広める活動のほか、国際サッカー評議会諮問委員などを務める=3月14日、「第12回GINZA FASHION WEEK」オープニングイベントに登場(撮影/写真部・東川哲也)

 3月14日、「第12回GINZA FASHION WEEK」オープニングイベントに登場した元サッカー選手の中田英寿氏。ファッショナブルなことでも有名だが、ファッションデザイナーのドン小西氏は唯一の欠点を指摘する。

*  *  *
 現役時代からナリコレって呼ばれた帰国時のファッションを何度もチェックしてきたけどさ。当時からファッショナブルなことでは、日本のアスリートでナンバーワン。しかもいまだに誰も、この人を超えてないもんな。最近のナリコレっていえば本田圭佑選手が有名だけど、次元からして全然違うって。

 この日もファッションは、カンペキの一言だよ。ブルーのシャツにネクタイで最新のジーンズファッションを提案しつつ、靴にカラシ色を持ってくる心憎いコーディネート。元アスリートだけにスタイルもいいし、着こなしのツボも知ってる。あたしから見ると、一ミリのスキもない、ほれぼれするようなオシャレっぷりだよね。

 ただし、だ。聞いてみると、つきあったら疲れそうだのナルシストだの、世間の女性たちの評判は散々。ファッション界でもリラックスがトレンドになって、この手のスキのないオシャレさんは、浮く存在になりつつあるんだろうね。ま、この人は、今も変わらぬスーパースター。だからこそ、ここらで少し肩の力を抜いたファッションに挑戦してみるのも手なのかも?

週刊朝日  2017年3月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい