近大マグロ、今度はカップうどん! 「必ずヒットする!」理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近大マグロ、今度はカップうどん! 「必ずヒットする!」理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
マグロの完全養殖に成功したことで知られる近畿大学水産研究所。「近大マグロ」を使ったカップうどんが全国で発売されている。はたしてその味は? (※写真はイメージ)

マグロの完全養殖に成功したことで知られる近畿大学水産研究所。「近大マグロ」を使ったカップうどんが全国で発売されている。はたしてその味は? (※写真はイメージ)

 お湯を入れて、待つこと5分。ふたを開けると、カレーの芳ばしい香りと、ほのかに感じる節系の華やかな香りが食欲をそそる。

 うどんをすすってみると、かなりコシがある。分厚い麺で、口の中で弾力を楽しめる。

 近大マグロの中骨から取った濃厚なエキスを使っているというスープは、カレーの辛みが感じられるのと同時に、甘みのある出汁が利いていて、上品なコクのある味が後から口の中に広がる。油揚げやかまぼこなどの具は、強い主張はせず、わき役を演じている。

 開発に関わった、つるとんたんの担当者は、

「うどんのコシ、出汁のコクには、エースコックさんに限界まで挑戦してもらった。カップうどんの限界を超えた自信作です」

 と胸を張った。

 近大マグロを気軽に味わえるカップうどんは、今回も売り切れ必至。寒さが厳しくなる季節。うどん通なら一度、ご賞味あれ。

週刊朝日 2016年11月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい