意外に盛り上がったプレミア12 視聴率25%超の衝撃 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

意外に盛り上がったプレミア12 視聴率25%超の衝撃

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

準決勝で韓国に逆転負けし、落胆した様子の中田翔 (c)朝日新聞社

準決勝で韓国に逆転負けし、落胆した様子の中田翔 (c)朝日新聞社

「5戦全敗だったわが国でさえ、日本の活躍は話題になったよ」

 取材したイタリア人記者がそう話すくらい、野球の国際大会「プレミア12」は前評判以上の注目を集めた。

 日本代表は11月19日、準決勝で宿敵・韓国に敗れたが、侍ジャパンの人気には目を見張った。テレビの視聴率が物語っている。

 ビデオリサーチによると、5戦全勝だった1次リーグでは、韓国戦が19.0%、サヨナラ勝ちだったメキシコ戦は15.3%、ドミニカ共和国戦15.4%、米国戦18.2%。再びサヨナラ勝ちしたベネズエラ戦は20.0%で、同じ日に放送された大人気ドラマ「下町ロケット」(20.2%)に肉薄した。

 準々決勝のプエルトリコ戦は18.6%。そして、最終回に逆転された準決勝の韓国戦では、25.2%という驚くべき数字を記録している(いずれも関東地区)。

 米国代表がメジャーリーグの一線級の選手を送らなかったこともあり、開催前は「盛り上がりに欠ける」とささやかれてもいた。

 高視聴率について、民放のプロデューサーが言う。

「すごい数字です。これだけ良い試合の連続なら当然かもしれない」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい