1千万円も5年で底つく 本当にある“がん破産”

がん

2015/09/07 07:00

 ステージが上がり、治療期間が延びれば延びるほど医療費の負担額は増えていくがん治療。高額療養費制度や民間保険の給付金などで戻るお金を差し引くと、実質的な負担は、年間平均24万円で収まる。「思ったよりも治療費が安い」と感じる人もいるかもしれないが、実際にはそう単純ではないのだ。

あわせて読みたい

  • 家計が上向く、50代からの「保険」整理術 4つの論点とは?

    家計が上向く、50代からの「保険」整理術 4つの論点とは?

    週刊朝日

    5/11

    がんでも「障害年金」を申請できる! 知っておきたい受け取れるお金

    がんでも「障害年金」を申請できる! 知っておきたい受け取れるお金

    AERA

    2/6

  • 倍増する「ミニ保険」 ウケてる訳は格安&多種

    倍増する「ミニ保険」 ウケてる訳は格安&多種

    週刊朝日

    12/29

    FIRE達成者は「治療費も節約」できる 早期リタイア後の病気への備え方

    FIRE達成者は「治療費も節約」できる 早期リタイア後の病気への備え方

    AERA

    4/3

  • 高齢の子持ち家庭、子どもの“何でも支出”で大変なことに? 専門家がシミュレーション

    高齢の子持ち家庭、子どもの“何でも支出”で大変なことに? 専門家がシミュレーション

    AERA

    6/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す