丸山茂樹 今季初戦終えて「さみしいなあ」と感じたワケ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 今季初戦終えて「さみしいなあ」と感じたワケ

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
※イメージ

※イメージ

 今季“初戦”上々の発進に満足したというプロゴルファーの丸山茂樹氏。試合後は痛みが再発したという。

*  *  *
 おかげさまで「第8回 丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会 春季大会」(5月6日、栃木・ファイブエイトゴルフクラブ)も、無事に終えることができました。

 小学5年生から高校3年生までの男女121人が参加してくれました。小中高それぞれ、男女別で六つのカテゴリーに分かれて18ホールのストロークプレーで争いました。これはもう毎回のことなんですけど、最近の子の技術の高さには、驚かされてばかりですよね。

 今回は男子の中学と高校の部を合わせた61人の中で最もスコアのよかった選手に、JGTOチャレンジトーナメント「グッジョブチャレンジ」(5月28、29日、茨城・イーグルポイントゴルフクラブ)の出場権をプレゼントしました。

 初めての試みでチャンスをつかんだのは、1アンダーで回った日本ウェルネス高2年の高橋宝将(ほうしょう)君(16)。国内男子ツアーの下部ツアーとはいえ、プロの試合に出られるんですよ!

 僕も初めてプロツアーに出たのは東京・日体荏原高2年のときでした。予選通過には遠く及びませんでしたけど、いろんな発見や刺激を持って帰りました。高橋君にとっても、さまざまなことを感じられる最高の機会になるでしょうね。

「チャレンジでこうなんだから、レギュラーはもっとすごいのか」と思うのか、「チャレンジでここまでやれたから、レギュラーでも戦っていけるかな」と感じるのか。とにかく現時点でのすべてをぶつけて、なんとか予選を通ってくれたらと思います。

 毎回こうやってプロの試合に直結するような“ごほうび”を用意できるかどうかは分かりませんけど、いろんな形で「ジュニアファンデーションゴルフ大会」を魅力的なものにしていきたいですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい