井上真央主演NHK大河「花燃ゆ」は昭和のお笑い番組? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

井上真央主演NHK大河「花燃ゆ」は昭和のお笑い番組?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒロインはおにぎりとお菓子を作っているだけ…(イメージ写真)

ヒロインはおにぎりとお菓子を作っているだけ…(イメージ写真)

 文と久坂玄瑞(東出昌大)の祝言の場面。酔った高杉晋作(高良健吾)が「久坂のヤツ、文は不美人だから嫁には欲しゅうないと言っとったのに」と爆弾発言をして凍りつく一同。

 その瞬間流れる効果音は「ヒューッ」という木枯らしの音に「ワオーン」という犬の遠吠え。昭和です、昭和のお笑い番組です。

 ここ最近の大河ドラマは、「この支配からの卒業」と尾崎豊みたいな「平清盛」だったり、「本当に愛する人に嫁ぎたい」と戦国時代に政略結婚全否定の「江」だったりと、ことごとく歴史を破壊してきている。

 でもこの「花燃ゆ」は、もはや大河ドラマですらない。松下村塾のパートを「幕末の学園ドラマ」とうたいあげ、「イケメン」を並べて打った宣伝が「俺ら松下村メン!」て。ラーメンつけ麺ボク松下村メンか。

 なんだかもう見てるこっちが、いたたまれないよ。

 大河ドラマにイケメンもセクシーも学園ドラマもいらない。ラブコメも妹萌えも「文は美人ちゅーわけじゃないが、かわいいところがないわけでもない」で、一話使う必要もない。

 なぜ幕末動乱の火ぶたが切られたのか、そこが知りたいんだから。おにぎりとか、遠距離恋愛とか、愛のおみくじとか、そういうのは朝ドラでやってくれ!

週刊朝日  2015年4月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい