椎名林檎“右翼的”応援歌はNHKのオーダーだった! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

椎名林檎“右翼的”応援歌はNHKのオーダーだった!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#W杯

 椎名林檎の歌う2014年NHKサッカーテーマソング「NIPPON」が「右翼的」だとインターネット上で騒ぎになっている。

 公開中のプロモーションビデオでは、冒頭からはためく日の丸と「NIPPON」の文字が画面いっぱいに映し出され、続く歌も<万歳!万歳!日本晴れ><乾杯!乾杯!いざ出陣>と、いかにもな勇ましさだ。

「日本の応援歌なんだから日の丸は当然」「深読みしすぎ」という声も多い。だが、チームカラーでの「純血性」を強調するかのような<この地球上で いちばん 混じり気の無い気高い青>、特攻隊を思わせる<あの世へ持って行くさ 至上の人生至上の絶景>など、意味深な歌詞をはためく国旗の下で歌われてしまうと、さすがにいろいろ勘ぐりたくもなる。

 椎名自身は出演したラジオ番組で「(NHKから)具体的にオーダーがありました。自分の色を出さず、それを忠実に再現したいと思い作りました」と語り、NHKから歌詞に対する要望があったことをうかがわせる。

 NHKに真偽を確認すると、「制作過程についてはお答えしない」(広報局)との前提で、楽曲に関しては「日本代表の活躍を通じてサッカーを応援したいという椎名さんの思いが込められていると受け止めています」との回答だった。

 サッカーと差別問題に詳しいジャーナリストの清義明氏は言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい