15歳・勝みなみの優勝は「起こりやすいミラクル」? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15歳・勝みなみの優勝は「起こりやすいミラクル」?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
勝みなみちゃん(左)のゴルフの師はおじいちゃん(右)なんだって! (c)朝日新聞社 

勝みなみちゃん(左)のゴルフの師はおじいちゃん(右)なんだって! (c)朝日新聞社 

 15歳にしてKKT杯バンテリンレディスを優勝、国内女子ツアーの最年少優勝記録を塗り替えた勝みなみ。数多くのメディアで取り上げられた彼女について、プロゴルファーの丸山茂樹氏は次のように話す。

*  *  *
 女子のKKT杯バンテリンレディス(4月18~20日、熊本空港CC)では、何と15歳9カ月のアマチュア、勝みなみが優勝! 国内女子ツアーの最年少優勝記録を塗り替えました。

 15歳8カ月で日本ツアーで優勝した石川遼(22)が「自分が15歳で優勝できたのは、ただのラッキー。女子で数年後に15歳がまた勝つ可能性は感じるけど、男子で15歳が勝つことが数年後にまた来るとは思えない」とコメントしてましたね。

 ほんと、そう思いますよ。国内の女子は海外より各ホールの距離が短めに設定してあるから、高校生でも飛距離の出る子だと、十分に大人たちと勝負できる。起こりやすい「ミラクル」なんですね。男子だとそうはいかない。

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)のプロテストは18歳以上でないと受験できないんですが、ツアーで優勝したアマチュア選手は、LPGAの手続きを経れば、ツアープロとして活動できるんですよね。

 彼女の人生を左右することを軽々しくは口にできませんけど、女子ツアーは若年化の傾向にあって、30歳ぐらいになると苦しい時期になる。だから早いうちから活躍できた方がいい。チャンスがあるなら、挑戦するのもいいと思うんですね。ただ、この一試合はよかったかもしれないけど、ほんとに一年を通じて戦っていけるのか。自分ではまだ車も運転できないということは、家族と一緒に行動する必要がある。そういった環境を整えられるのか。

 いろんなことを考えないといけないでしょうね。

週刊朝日  2014年5月9・16日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい