丸山茂樹 3週間以上クラブを振ってない理由 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 3週間以上クラブを振ってない理由

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツ選手にとってケガや故障ほどつらいものはない。プロゴルファーの丸山茂樹氏も闘い続けている。

*  *  *
 ロサンゼルスの自宅での生活も2カ月半になります。まもなく日本に戻るんですけど、いま、僕の頭の中は、悶々(もんもん)としちゃってます。春先なのに暗い出だしですみません。

 実は3週間以上、クラブを振ってないんです。左手親指付け根の慢性亜脱臼に苦しんできたわけですけど、正月にこっちへ来て、少し親指の状態がよくなったんです。それでうれしくなって、結構打ちこんじゃったんですね。そしたら1月下旬ぐらいから調子が悪くなってきたんですね。悪いことに、左肩も痛めてしまって、2月にこっちの病院に行ったら、「相当悪い」って言われて。

 それで、勧められた治療法を試してみることにしたんです。何でも開発されて2年ぐらいの治療らしいんですけど、骨髄液を取り出して、遠心分離機にかけて、また注入する。アメリカのスポーツ選手がよくやってるらしいんですけどね。

 6、7週間ぐらいで効果が出始めるらしいんですけど、いまは3週間ぐらいで痛みもあるし、本当によくなるのか、不安になってしまいます。結構体を張って、いろんな治療にトライしてるんですけどね。明るい兆しが見えないというか、先のことを聞かれると、ほんと困っちゃう状態なんです。いまは。

 自分の頭の中の目標としては、去年同様、5試合ぐらい出場できたらと思ってるんです。でも球を打てるようにならないと、何も考えられないですね。ほんと先の見えない、出口の分からないトンネルの中にいるような状況です。

 まあ、いまはゴルフの神様が「我慢しろ」って言ってる時期なのかもしれない。徹底的にいろんなことに挑戦してね。とりあえず僕としては、残された道は少なくても、できる限りのトライはしていこうと思います。とりあえずは日本に戻ったら、主治医の方と相談しながら、どうしたら少しでもいい状態に持っていけるかを考えたいです。

 体はこんな状態ですけど、あちこちから「マルちゃんの話を聞きたい」なんていうお話もたくさんいただきます。男子ツアー開幕戦の「東建ホームメイトカップ」(4月17~20日、三重・東建多度カントリークラブ・名古屋)を始め、テレビ解説のお仕事もいただいてます。自分を必要としてくれるところもいっぱいあるので、それを心の支えにしながら頑張っていければ、と思ってます。

 もう、こうなったらプラス思考で考えていかないと、寂しくなっちゃいますからね。僕はこのままでは終わりません。みなさんには、それだけは約束します!

週刊朝日  2014年4月4日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい