AERA dot.

ひとりで死ぬ準備をする団塊世代の女性たち

このエントリーをはてなブックマークに追加

「老いて一人」は、他人事ではない。配偶者がいても、いずれはどちらかが先に逝く。子どもがいてもあてにならないし、あてにしたくない。そう考え、“終(つい)の棲家(すみか)”を探す60~70代女性が最近、増えている。

 今年3月、夫に先立たれた田中静子さん(仮名・78歳)は、自宅を売却してサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に住み替えた。

 夫の定年を機に、30年暮らした横浜から田中さんの故郷・浜松に家を建て暮らし始めたが、2010年9月、夫ががんになり、76歳であっけなく逝った。

 子どもはいなかった。このままひとりで浜松で暮らすか、東京に行くか。田中さんは迷った。

 すると、東京の姪から連絡があり「叔母さんにぴったりの住まいがある」と。それが、現在暮らすサ高住、ゆいま~る中沢(東京都多摩市)だった。

「想像していた高齢者住宅とまったく違いました。気に入ったのは、キッチンがあること。自炊ができる。それと共同生活で人に合わせた時間帯で暮らすのは不安でしたが、ここなら生活のリズムを変えずに生活できるかなと」(田中さん)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   おひとりさま , 介護を考える , 終活 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加