近藤誠医師「がんもどき理論」と『白い巨塔』モデル医師が直接対決

がん

2013/09/13 11:30

 独自の理論にもとづき、続々とベストセラーを出す慶応大学放射線科講師の近藤誠医師。近藤医師は、がんには「本物のがん」と「がんもどき」があるという独自の「がんもどき理論」を展開しているが、これに対し小説『白い巨塔』の主人公・財前五郎のモデルとなったとされる日本外科界の権威、大阪大学第二外科元教授の神前(こうさき)五郎医師が反論。撤回を求める「果たし状」を送り、ついに二人の“直接対決”が実現した。その様子をリポートする。

あわせて読みたい

  • 『白い巨塔』モデル医師 「がん放置療法」めぐり近藤誠医師と大激論

    『白い巨塔』モデル医師 「がん放置療法」めぐり近藤誠医師と大激論

    週刊朝日

    9/17

    『白い巨塔』モデル医師 「根拠なき“がんもどき理論”を撤回せよ」

    『白い巨塔』モデル医師 「根拠なき“がんもどき理論”を撤回せよ」

    週刊朝日

    8/10

  • 『がんと闘うな』で賛否の近藤誠医師を信じるべきか 医師の見解は?
    筆者の顔写真

    上昌広

    『がんと闘うな』で賛否の近藤誠医師を信じるべきか 医師の見解は?

    dot.

    1/5

    がん手術「1カ月先と言われたが、手遅れにならないの?」 がん専門医の答えは

    がん手術「1カ月先と言われたが、手遅れにならないの?」 がん専門医の答えは

    dot.

    5/24

  • 検便も内視鏡も恥ずかしい? 「大腸がん」が女性のがん死亡数1位の背景

    検便も内視鏡も恥ずかしい? 「大腸がん」が女性のがん死亡数1位の背景

    AERA

    2/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す