日ハム大谷の「二刀流」は二流を育てているようなもの?

2013/06/26 07:00

 日本ハムの「二刀流」ルーキー大谷翔平(18)がまた、歴史に名を残した。6月18日の交流戦・広島戦に「5番・投手」で先発出場。初めて1試合で投打両方をこなした。先発投手がクリーンアップを打つのは1963年5月12日、東映戦での梶本隆夫(阪急)以来、50年ぶりだった。

あわせて読みたい

  • 大谷翔平の軸は投手か野手か? 東尾修が“二刀流”の今後占う
    筆者の顔写真

    東尾修

    大谷翔平の軸は投手か野手か? 東尾修が“二刀流”の今後占う

    週刊朝日

    7/8

    大谷2連勝、3戦連発でも二刀流が成功しない理由 江本孟紀「私の成績すら超えられない」

    大谷2連勝、3戦連発でも二刀流が成功しない理由 江本孟紀「私の成績すら超えられない」

    dot.

    4/9

  • 日ハム大谷の「二刀流」は成功するのか

    日ハム大谷の「二刀流」は成功するのか

    週刊朝日

    1/2

    いよいよメジャー挑戦か? 大谷翔平のパイオニア精神

    いよいよメジャー挑戦か? 大谷翔平のパイオニア精神

    AERA

    11/3

  • 栗山監督に「名将」の冠を! 日ハムを10年ぶりの日本一に導いた采配力

    栗山監督に「名将」の冠を! 日ハムを10年ぶりの日本一に導いた采配力

    dot.

    10/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す