病院別がん5年生存率 数字だけで病院を選ぶのは危険?

がん

2012/11/03 08:13

 がんの治療を受けるとき、「病院によって生存率が3割以上違う」と聞けば、生存率の高い病院を選びたくなるのが人情だろう。全国がんセンター協議会は10月22日、がん診療を受けた患者の、病院と部位ごとの5年生存率などを発表した。このデータをどう見れば、「いい病院」を選べるだろうか。

あわせて読みたい

  • 東京、神奈川、千葉、埼玉… 病院別「がん5年生存率」を一挙公開 好成績病院の特徴は?

    東京、神奈川、千葉、埼玉… 病院別「がん5年生存率」を一挙公開 好成績病院の特徴は?

    dot.

    9/15

    「肺がん」ステージ別5年生存率と手術数の関係 “いい病院”手術数トップ30の成績は?

    「肺がん」ステージ別5年生存率と手術数の関係 “いい病院”手術数トップ30の成績は?

    週刊朝日

    3/3

  • 「生存率」を正しく読めば、がんと正しく向き合える

    「生存率」を正しく読めば、がんと正しく向き合える

    AERA

    7/10

    財津和夫が公表した大腸がん 手術数でわかる「いい病院」全国トップ40

    財津和夫が公表した大腸がん 手術数でわかる「いい病院」全国トップ40

    dot.

    6/3

  • 【肺がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【肺がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    2/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す