山中教授が小学5年で急に「モテモテ」になった理由

ノーベル賞

2012/10/15 16:00

 柔道に加え、大学ではラグビー、さらに現在はマラソンと根っからのスポーツマン…。iPS細胞を世に送り出したノーベル医学生理学賞受賞の山中伸弥・京都大教授(50)は、小学生のころからモテていたという。

あわせて読みたい

  • ノーベル賞の山中伸弥教授 小6で急成長の理由

    ノーベル賞の山中伸弥教授 小6で急成長の理由

    AERA

    10/15

    ノーベル賞の山中伸弥教授 大学プレゼンで大バクチ

    ノーベル賞の山中伸弥教授 大学プレゼンで大バクチ

    AERA

    10/15

  • ノーベル賞山中教授の少年時代 一人だけ辞書読んでた

    ノーベル賞山中教授の少年時代 一人だけ辞書読んでた

    週刊朝日

    10/15

    「山中教授は2年後に大きな決断あり」と鳳華氏占う

    「山中教授は2年後に大きな決断あり」と鳳華氏占う

    週刊朝日

    10/30

  • 「ネコの目ん玉はコロコロしている」二面性ある少女Aに不安漏らした母親

    「ネコの目ん玉はコロコロしている」二面性ある少女Aに不安漏らした母親

    週刊朝日

    8/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す