ナンシー関 当時、好感度タレント1位の山田邦子の「面白くなさ」を指摘

お悔やみ

2012/06/15 07:00

 あの人が生きていたら、この時代をどう書いただろう――今もその不在が惜しまれる不世出のコラムニスト・ ナンシー関の死去から、この6月12日で10年たった。ジャーナリスト横田増生氏は「ナンシーのテレビ評論の面白さは、その定点観測にある」と言う。(文・ジャーナリスト横田増生)

あわせて読みたい

  • かつて「ナンシー関vs.デーブ・スペクター」論争があった

    かつて「ナンシー関vs.デーブ・スペクター」論争があった

    週刊朝日

    6/8

    ナンシー関 西田敏行の大ヒット曲「もしもピアノが」を嫌っていた

    ナンシー関 西田敏行の大ヒット曲「もしもピアノが」を嫌っていた

    週刊朝日

    5/29

  • ユニクロは「超ワンマン会社」? 潜入取材のために離婚も

    ユニクロは「超ワンマン会社」? 潜入取材のために離婚も

    AERA

    2/15

    山田邦子の独立騒動で、「テレビ」と「芸」の距離を考えた
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    山田邦子の独立騒動で、「テレビ」と「芸」の距離を考えた

    dot.

    5/25

  • 東出昌大が不倫謝罪会見で見せた“クズ男”としての魅力

    東出昌大が不倫謝罪会見で見せた“クズ男”としての魅力

    dot.

    3/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す