写真・図版 | 養老孟司は“死体”を持ち歩いていた?〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

養老孟司は“死体”を持ち歩いていた? 2/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

【ゲスト】養老孟司(ようろう・たけし)1937年生まれ。東京大学医学部卒。解剖学者。東京大学名誉教授。95年に東大退官後も著作活動を続け、2003年出版の『バカの壁』が400万分を超えるベストセラーに。趣味は昆虫採集。『唯脳論』『死の壁』など著書多数(撮影/写真部・岡田晃奈)

【ゲスト】養老孟司(ようろう・たけし)
1937年生まれ。東京大学医学部卒。解剖学者。東京大学名誉教授。95年に東大退官後も著作活動を続け、2003年出版の『バカの壁』が400万分を超えるベストセラーに。趣味は昆虫採集。『唯脳論』『死の壁』など著書多数(撮影/写真部・岡田晃奈)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい