【大学一覧】国公立大教育・教員養成学部の志願者数推移 激減している大学は…

ブラックだと言われている教職。教育学部の志願者数は、果たして増えているのか、それとも減っているのか。国公立大の2019年入試の教育学部の募集人員と志願者数を、2018年、2010年の数値と比べて、表にした。

表/駿台予備学校調べ

【関連記事】
教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

あわせて読みたい

  • 教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

    教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

    dot.

    3/9

    2022大学入試、志願者数が定員を下回る「全入」へ 注目は「資格系」「情報」「国際」

    2022大学入試、志願者数が定員を下回る「全入」へ 注目は「資格系」「情報」「国際」

    AERA

    9/24

  • 私大医学部ランキング「6年間でかかる学費」に動きあり? 最新版!2020年度の入試情報分析

    私大医学部ランキング「6年間でかかる学費」に動きあり? 最新版!2020年度の入試情報分析

    dot.

    10/8

    「理高文低」時代は終了? 大学受験は文系人気が回復

    「理高文低」時代は終了? 大学受験は文系人気が回復

    週刊朝日

    2/13

  • 国立大医学部との学費格差は9.5倍 それでも首都圏では私立大に進む理由

    国立大医学部との学費格差は9.5倍 それでも首都圏では私立大に進む理由

    週刊朝日

    6/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す