教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

大学入試

2019/03/09 07:00

 ブラックだと言われている教職。教育学部の志願者数や、教員採用試験の受験者数は、果たして増えているのか、それとも減っているのか。教育現場で働く教員らの声を交えて、現在の教員が抱える問題点などを検証する。

あわせて読みたい

  • 都市部で教育学部志願者減も地方は人気復活 どうなるコロナ禍の“ブラック教職”

    都市部で教育学部志願者減も地方は人気復活 どうなるコロナ禍の“ブラック教職”

    週刊朝日

    11/15

    給食費を払わずに高価なブランド服を着させて… 教師が語る「集金」「ブラック部活」の現実

    給食費を払わずに高価なブランド服を着させて… 教師が語る「集金」「ブラック部活」の現実

    dot.

    3/29

  • 対面授業もカギ? コロナ不況で「資格系」学部が人気 看護、教育で志願者増も

    対面授業もカギ? コロナ不況で「資格系」学部が人気 看護、教育で志願者増も

    AERA

    5/15

    小学校教師になれる大学ベスト100 国立大よりすごい私立大のネットワーク

    小学校教師になれる大学ベスト100 国立大よりすごい私立大のネットワーク

    dot.

    9/11

  • 教員採用試験の倍率低下 「教員の質」問うより熱量低下が疑問?

    教員採用試験の倍率低下 「教員の質」問うより熱量低下が疑問?

    AERA

    3/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す