「WBC2023」に関する記事一覧

米国がWBC決勝進出「大谷翔平を打ち崩して世界一」と日本戦熱望の声
今川秀悟 今川秀悟
米国がWBC決勝進出「大谷翔平を打ち崩して世界一」と日本戦熱望の声
WBCの準決勝が米国現地時間の19日に行われ、米国がキューバに14-2で快勝。2大会連続の決勝進出を決めた。
WBC2023大谷翔平米国戦
dot. 3/20
WBCに対する米国の“本音” 怪我人続出で開催に批判も、侍Jの強さに「NPBとMLB王者の戦い見たい」
dot.sports dot.sports
WBCに対する米国の“本音” 怪我人続出で開催に批判も、侍Jの強さに「NPBとMLB王者の戦い見たい」
今月8日に開幕したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。史上最強との呼び声もある侍ジャパンが前評判通りの強さを発揮し、異常なほどの盛り上がりを見せている。
WBC2023
dot. 3/20
「次のWBCで侍Jを指揮するのは?」 求められる人材、“候補”として名前挙がるのは
dot.sports dot.sports
「次のWBCで侍Jを指揮するのは?」 求められる人材、“候補”として名前挙がるのは
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で戦う侍ジャパンが日本中のファンを興奮の渦に巻き込んでいる。
WBC2023
dot. 3/19
ヌートバー次は米国代表に? WBC「2カ国の代表」でプレーした選手、過去には“超大物”も
dot.sports dot.sports
ヌートバー次は米国代表に? WBC「2カ国の代表」でプレーした選手、過去には“超大物”も
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で最も話題となっていると言ってもいいのが、日系人として初めて侍ジャパンに招集されたラーズ・ヌートバー外野手(カージナルス)だ。侍ジャパンの初戦となった9日の中国戦から攻守に躍動。全力でプレーする姿が日本のファンの心を掴み、大会が進むにつれて大谷翔平(エンゼルス)を凌駕するような人気にもなってきた。
WBC2023
dot. 3/18
WBC「史上最強」に相応しい戦いぶりの侍ジャパンで「唯一気になる」起用法は
西尾典文 西尾典文
WBC「史上最強」に相応しい戦いぶりの侍ジャパンで「唯一気になる」起用法は
3大会ぶりのワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝を目指す侍ジャパン。準々決勝でも「史上最強」の前評判に相応しい戦いぶりでイタリアに完勝し、見事5大会連続となる準決勝進出を決めた。
WBC2023イタリアフレッチャー大谷翔平
dot. 3/17
イタリア撃破の侍ジャパンに「考えられない…」とメジャー関係者が漏らした驚きの選手起用とは
今川秀悟 今川秀悟
イタリア撃破の侍ジャパンに「考えられない…」とメジャー関係者が漏らした驚きの選手起用とは
侍ジャパンが16日に行われたWBCの準々決勝でイタリアを9-3で振り切り、5大会連続のベスト4進出を決めた。
WBC2023大谷翔平
dot. 3/17
WBC準々決勝のイタリアはどんなチーム?「オランダ、キューバより与しやすい相手」
今川秀悟 今川秀悟
WBC準々決勝のイタリアはどんなチーム?「オランダ、キューバより与しやすい相手」
WBC1次ラウンドは、日本がプールBで4連勝と圧倒的な強さをみせたが、プールAは大混戦に。台湾、オランダ、キューバ、イタリア、パナマと出場5カ国すべてが2勝2敗で並び、失点率により1位・キューバ、2位・イタリアが1次ラウンド突破を決めた。
WBC2023侍ジャパン
dot. 3/16
WBC人気で「侍Jグッズ」爆売れ 想像以上の売れ行きに“転売ヤー問題”など混乱も
dot.sports dot.sports
WBC人気で「侍Jグッズ」爆売れ 想像以上の売れ行きに“転売ヤー問題”など混乱も
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の侍ジャパン関連グッズが爆売れしている。球場にあるショップや通販サイトを含め、手に入れるのが困難な状況になっている。
WBC2023
dot. 3/16
WBCでメジャーが“注目”した選手は誰だ? 侍ジャパン以外のNPB戦士にも熱視線
dot.sports dot.sports
WBCでメジャーが“注目”した選手は誰だ? 侍ジャパン以外のNPB戦士にも熱視線
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)はMLB球団向けの見本市でもある。
WBC2023
dot. 3/16
WBC大谷の看板直撃ホームランの“値段” 巨人戦なら賞金100万円、広告効果は1億円以上
吉崎洋夫 吉崎洋夫
WBC大谷の看板直撃ホームランの“値段” 巨人戦なら賞金100万円、広告効果は1億円以上
WBC日本代表の快進撃で、日本中が沸いている。12日のオーストラリア戦では、大谷翔平選手が打ったホームランが、自身が映し出されたセールスフォースの看板に直撃。SNSでは「自分の看板を破壊」、「広告効果抜群」、「大谷に賞金をあげるべき」などと思わぬ話題を集めた。果たして、賞金は出るのか、修理費はいくらか、広告効果はどのくらいあったのか――。
WBC2023大谷翔平
dot. 3/15
イタリア戦で大谷翔平の“後ろ”を任されるのは誰? 「三塁・岡本、一塁・山川」の可能性も
今川秀悟 今川秀悟
イタリア戦で大谷翔平の“後ろ”を任されるのは誰? 「三塁・岡本、一塁・山川」の可能性も
WBC1次ラウンドで4連勝を飾り、準々決勝に進出した侍ジャパン。打線の核として期待された鈴木誠也(カブス)が左脇腹痛で大会前に出場辞退したことは大きな痛手だったが、代わりに右翼に入った近藤健介(ソフトバンク)が2番で打線の潤滑油になり、見事にカバーしている。
WBC2023大谷翔平
dot. 3/15
「ヌートバー批判」で高橋尚成氏が謝罪…日系人メジャーリーガー再評価の声
今川秀悟 今川秀悟
「ヌートバー批判」で高橋尚成氏が謝罪…日系人メジャーリーガー再評価の声
WBC1次ラウンドを無傷の4連勝と、盤石の戦いぶりをみせた侍ジャパン。メジャーから参加したダルビッシュ有(パドレス)、大谷翔平(エンゼルス)、吉田正尚(レッドソックス)と共に、ラーズ・ヌートバー(カージナルス)の活躍は強烈だった。「1番・中堅」で不動のリードオフマンとして打線を引っ張り、1次ラウンドの4試合で14打数6安打、打率.429をマークした。選球眼に優れていることも大きな強みで4四死球を選び、出塁率.579。中堅の守備でもダイビングキャッチで浅いフライを好捕するなど、チームを救った。
WBC2023
dot. 3/14
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
大谷翔平は準々決勝以降「走者なしでも四球増」 4番・村上は「不調なら代打」の可能性も
今川秀悟 今川秀悟
大谷翔平は準々決勝以降「走者なしでも四球増」 4番・村上は「不調なら代打」の可能性も
WBC1次グループ4戦目で豪州に7-1と快勝した侍ジャパン。投打ががっちりかみ合い、プールBを4連勝と危なげない戦いぶりで1位通過した。主役は間違いなく、大谷翔平だ。
WBC2023大谷翔平
dot. 3/13
侍J、栗山監督の采配も“光った”1次R 準々決勝以降は選手起用で「決断」も必要か
西尾典文 西尾典文
侍J、栗山監督の采配も“光った”1次R 準々決勝以降は選手起用で「決断」も必要か
3大会ぶりのワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝を目指す侍ジャパンは、1次ラウンドを全勝で準々決勝進出を決めた。もちろん全てが完璧だったわけではないが、4試合で得点は38、失点は8という数字が示すように、ここまでは日本の強さが際立つ結果といってよいだろう。
WBC2023
dot. 3/13
村上宗隆は「4番で起用」続けるべきか 侍Jは韓国に大勝も、次戦以降に“心配要素”
西尾典文 西尾典文
村上宗隆は「4番で起用」続けるべきか 侍Jは韓国に大勝も、次戦以降に“心配要素”
3大会ぶりのワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝に向けて、1次ラウンド最大の山場と見られていた韓国戦。3回に3点を先制される苦しい展開となったものの、中盤以降は打線が繋がり、終わってみれば13対4という大差で侍ジャパンが見事勝利をおさめた。
WBC2023
dot. 3/11
日本が韓国に圧勝 「もはや韓国はライバルではない」の指摘も、唯一“別格”と評された選手とは【WBC】
今川秀悟 今川秀悟
日本が韓国に圧勝 「もはや韓国はライバルではない」の指摘も、唯一“別格”と評された選手とは【WBC】
侍ジャパンが10日に行われた1次ラウンド・韓国戦で、13-4と圧勝。初戦の中国戦に続く2連勝を飾った。
WBC2023日韓戦
dot. 3/11
WBCでも“ガチ”! 大谷翔平がさらに進化、今年は「世界一の選手」を証明する年に
dot.sports dot.sports
WBCでも“ガチ”! 大谷翔平がさらに進化、今年は「世界一の選手」を証明する年に
8日から第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が始まった。侍ジャパンは9日に中国代表と対戦し、8対1で勝利したが、話題の中心となっているのは、なんといっても大谷翔平(エンゼルス)だろう。
WBC2023大谷翔平
dot. 3/10
大谷翔平の「現在の調子」はいかほどか 侍JがWBC初戦で得た“収穫”と“課題”
西尾典文 西尾典文
大谷翔平の「現在の調子」はいかほどか 侍JがWBC初戦で得た“収穫”と“課題”
日本中の野球ファンが注目した侍ジャパンのワールド・ベースボール・クラシック(WBC)初戦は、中国を相手に苦しむ場面はあったものの、終盤に突き放して8対1の大差で白星スタートとなった。勝利の最大の立役者といえば、やはり大谷翔平(エンゼルス)になるだろう。まず投手として3回まで1人の走者も許さないパーフェクトピッチングを披露。4回にワンアウトから初ヒットを浴びたものの、続く2人の打者から連続三振を奪い、先発投手としてほぼ完璧な結果を残して見せた。
WBC2023大谷翔平
dot. 3/10
1 2 3 4
カテゴリから探す
ニュース
〈国民と触れ合う皇室〉愛子さまは有言実行 抱き続けた「困難にある人を助けたい」 新社会人の抱負に込められた思い
〈国民と触れ合う皇室〉愛子さまは有言実行 抱き続けた「困難にある人を助けたい」 新社会人の抱負に込められた思い
愛子さま
dot. 19時間前
教育
悲嘆や逆境の連続だった紫式部が至った最後の境地 人生を見つめ、そして目覚めた先にあったものとは
悲嘆や逆境の連続だった紫式部が至った最後の境地 人生を見つめ、そして目覚めた先にあったものとは
朝日新聞出版の本
dot. 9時間前
エンタメ
〈「エンジェルフライト」きょう最終回〉米倉涼子や山本舞香の失速で「サバサバ系」女子の時代は終わるのか
〈「エンジェルフライト」きょう最終回〉米倉涼子や山本舞香の失速で「サバサバ系」女子の時代は終わるのか
宝泉薫
dot. 8時間前
スポーツ
トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
メジャーリーグ
dot. 12時間前
ヘルス
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
いい病院
dot. 22時間前
ビジネス
〈1月公開映画化決定!〉「孤独のグルメ」久住昌之は、SNS映えするための料理撮影をどう思う? 「はやりは必ず廃れる」
〈1月公開映画化決定!〉「孤独のグルメ」久住昌之は、SNS映えするための料理撮影をどう思う? 「はやりは必ず廃れる」
孤独のグルメ
AERA 11時間前