「WBC2023」に関する記事一覧

侍J「ヌートバー効果」は絶大、日系人の招集が恒例に? 他に“候補”になり得る選手は
dot.sports dot.sports
侍J「ヌートバー効果」は絶大、日系人の招集が恒例に? 他に“候補”になり得る選手は
8日に開幕した第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。今大会は大谷翔平(エンゼルス)やダルビッシュ有(パドレス)などメジャーリーガーの招集が話題となっているが、それに負けないほど注目を集めているのが、初めて日系人として侍ジャパンに選ばれたラーズ・ヌートバー(カージナルス)だ。
WBC2023
dot. 3/10
大谷翔平が4回無失点で中国に快勝 「まだまだ(声援が)足りない」恒例のファン“煽り”に秘められた思いとは
今川秀悟 今川秀悟
大谷翔平が4回無失点で中国に快勝 「まだまだ(声援が)足りない」恒例のファン“煽り”に秘められた思いとは
侍ジャパンが9日、WBC1次ラウンドの初戦で中国代表と対戦し、8ー1で白星発進した。
WBC2023大谷翔平
dot. 3/10
侍ジャパンに「投打で史上最強」の声が 準決勝以降は大谷を「守護神起用」の可能性も
今川秀悟 今川秀悟
侍ジャパンに「投打で史上最強」の声が 準決勝以降は大谷を「守護神起用」の可能性も
侍ジャパンがきょう9日、WBC1次ラウンド・中国戦に臨む。
WBC2023
週刊朝日 3/9
WBC中の「電撃トレード」は十分ある?  チームで“くすぶり”動向が気になる選手も
dot.sports dot.sports
WBC中の「電撃トレード」は十分ある? チームで“くすぶり”動向が気になる選手も
明日にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)侍ジャパンの初戦を控え、日本中が盛り上がりを見せている。一方でNPB各球団も3月末のシーズン開幕へ向けての準備に奔走している。万全な状態でスタートダッシュを切るため、開幕前に“動くチーム”があるかも注目されている……。
WBC2023
dot. 3/8
五輪に続きWBC優勝の期待がかかる侍ジャパン、「各ポジション本職の選手が守るべきだ」と元選手が語る理由
今川秀悟 今川秀悟
五輪に続きWBC優勝の期待がかかる侍ジャパン、「各ポジション本職の選手が守るべきだ」と元選手が語る理由
3月8日に開幕する野球の国際大会、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。大谷翔平(エンゼルス、28)やダルビッシュ有(パドレス、36)の参加で優勝が期待されるが、WBC使用球に苦戦する投手が多いなど気掛かりな点もある。AERA 2023年3月13日号の記事を紹介する。
WBC2023
AERA 3/8
大谷翔平、トラウト、山本由伸…WBC出場選手の年俸は?「MLBとNPBで衝撃の格差」が
今川秀悟 今川秀悟
大谷翔平、トラウト、山本由伸…WBC出場選手の年俸は?「MLBとNPBで衝撃の格差」が
パドレスのダルビッシュ有が6年総額1億800万ドル(約140億4000万円/すべて「1ドル=130円」で計算)で契約延長することで合意したと、MLB公式サイトで報じられて話題になった。ダルビッシュは昨季メジャー自己最多タイの16勝をマーク。実力を示せば、36歳でも大型契約を結べると証明したことにロマンを感じる。日本球界では考えられない契約内容だろう。
WBC2023大谷翔平年俸
dot. 3/8
WBC「やっぱり“侍ジャパン”に選んでほしかった投手」は? 球界関係者が推す令和版「投げる精密機械」
今川秀悟 今川秀悟
WBC「やっぱり“侍ジャパン”に選んでほしかった投手」は? 球界関係者が推す令和版「投げる精密機械」
第5回WBCで覇権奪回を狙う侍ジャパンは、「過去最強」の呼び声が高い。ダルビッシュ有(パドレス)、大谷翔平(エンゼルス)、ラーズ・ヌートバー(カージナルス)、吉田正尚(レッドソックス)らチームの中心を担うメジャー組が参戦できるのが大きなプラスアルファだ。
WBC2023
dot. 3/7
3大会ぶり3度目の優勝を狙う侍ジャパン、WBC使用球の扱いと守備力が勝利への鍵
今川秀悟 今川秀悟
3大会ぶり3度目の優勝を狙う侍ジャパン、WBC使用球の扱いと守備力が勝利への鍵
野球の国際大会、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が3月8日に開幕する。史上最強と言われる日本代表(侍ジャパン)は3大会ぶりの優勝を果たせるのか。AERA 2023年3月13日号の記事を紹介する。
WBC2023
AERA 3/7
ダルビッシュが侍Jの“精神的支柱”に 一流メジャーリーガーも一目置く「凄い人間力」
dot.sports dot.sports
ダルビッシュが侍Jの“精神的支柱”に 一流メジャーリーガーも一目置く「凄い人間力」
3月9日にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の初戦(対中国代表)を迎える侍ジャパンの中心人物となっているのが、ダルビッシュ有(パドレス)だ。孤高の投手という印象があったが年齢と経験を重ね、3大会ぶりに世界一を目指す日本代表の“精神的支柱”となっている。
WBC2023
dot. 3/6
WBC米国代表、第1回は今回よりも“豪華”? 過去のメンバーから見える「母国の本気度」
杉山貴宏 杉山貴宏
WBC米国代表、第1回は今回よりも“豪華”? 過去のメンバーから見える「母国の本気度」
いよいよワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕(3月8日~)が迫ってきた。日本代表は鈴木誠也外野手(カブス)の故障による辞退こそあったが、大谷翔平選手(エンゼルス)やダルビッシュ有投手(パドレス)、吉田正尚外野手(レッドソックス)らメジャーリーガーたちも参戦。さらに今回は史上初めて日系メジャーリーガーのラーズ・ヌートバー外野手(カージナルス)を招へいするなど半端ない勝負度合いがうかがえる。
WBC2023
dot. 3/4
侍ジャパンの投手陣がWBC使用球に苦戦も…「ボールをメジャーと統一」には反発の声
今川秀悟 今川秀悟
侍ジャパンの投手陣がWBC使用球に苦戦も…「ボールをメジャーと統一」には反発の声
WBCに向け、侍ジャパンの選手たちが調整する期間は決して長いとは言えない。投手陣が頭を悩ませるのはWBC使用球の扱いだ。
WBC2023侍ジャパン
dot. 3/2
大谷翔平ら“史上最強” で挑むWBC ヘッドコーチはヌートバー招集にも自信
大谷翔平ら“史上最強” で挑むWBC ヘッドコーチはヌートバー招集にも自信
およそ4年に一度開催される野球世界一決定戦、WBC。コロナ禍で延期されていた第5回大会が3月8日に開幕する。「史上最強」と評判の今回の野球日本代表「侍ジャパン」。どんな戦いを見せてくれるのか、白井一幸ヘッドコーチに聞いた。
WBC2023
週刊朝日 3/2
この話題を考える
あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
WBCに多く選手を派遣した球団は「不利」か 過去の大会から“傾向”を探った
西尾典文 西尾典文
WBCに多く選手を派遣した球団は「不利」か 過去の大会から“傾向”を探った
野球界で今年最大のイベントといえば、なんといってもワールドベースボールクラシック(以下WBC)になるだろう。ダルビッシュ有(パドレス)、大谷翔平(エンゼルス)、鈴木誠也(カブス)、吉田正尚(レッドソックス)、ヌートバー(カージナルス)と5人のメジャーリーガーが出場することもあって3大会ぶりの優勝への期待も大きく、キャンプ地の宮崎は大変な盛り上がりを見せた。
WBC2023
dot. 2/28
鈴木誠也がケガでWBC出場辞退 代替選手で「意外な伏兵」が人気に
今川秀悟 今川秀悟
鈴木誠也がケガでWBC出場辞退 代替選手で「意外な伏兵」が人気に
侍ジャパンに選出されていた鈴木誠也(カブス)がWBCを出場辞退することを、日本野球機構とNPBエンタープライズが28日に発表した。現時点で代替選手は未定だという。鈴木は左脇腹の張りを訴え、26日(日本時間27日)の全体練習に参加せず、アリゾナ州内の病院で精密検査を受けていた。
WBC2023鈴木誠也
dot. 2/28
1980年代、90年代にWBCがあったら…どうなる?「各年代の日本代表チームスタメン」
今川秀悟 今川秀悟
1980年代、90年代にWBCがあったら…どうなる?「各年代の日本代表チームスタメン」
第1回WBCが開催されたのが2006年。アマチュアの選手しか出場できなかった五輪で、プロ選手の参加が解禁されたのは00年シドニー五輪からだった。それ以前の時代は日米野球など親善試合がシーズンオフに開催されていたが、五輪やWBCのような真剣ムードには程遠かった。ユニホームも日本代表で統一されたものではなく、各球団のユニホームを着用していた。
WBC2023
dot. 2/25
WBC“生まれた国以外”の代表でプレーした選手は? タイ代表にはまさかの“超大物”
dot.sports dot.sports
WBC“生まれた国以外”の代表でプレーした選手は? タイ代表にはまさかの“超大物”
3月8日に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。侍ジャパンのメンバーとして、日系人メジャーリーガーのラーズ・ヌートバー外野手(カージナルス)が選ばれたことが話題となっている。日本代表がWBCで日系選手を招集するのは初めてだ。
WBC2023
dot. 2/24
WBCに過去最強で臨む侍ジャパン 守護神はダルビッシュ有か大谷翔平なら「動じることがない」
今川秀悟 今川秀悟
WBCに過去最強で臨む侍ジャパン 守護神はダルビッシュ有か大谷翔平なら「動じることがない」
WBCでは2大会連続で準決勝敗退の侍ジャパン。今大会は順調に勝ち進めば、準決勝で「ドリームチーム」米国と激突する。3大会ぶりの優勝の鍵となるのは、守護神が誰になるかだ。AERA 2023年2月6日号の記事を紹介する。
WBCWBC2023
AERA 2/1
1 2 3 4
カテゴリから探す
ニュース
その生保レディは「特別調査役」の称号を連発した。巨額詐欺事件の土壌に会社側の好待遇
その生保レディは「特別調査役」の称号を連発した。巨額詐欺事件の土壌に会社側の好待遇
損保の闇 生保の裏
dot. 5時間前
教育
子育てと仕事の両立で社内結婚がメリットに 「今からキャリアの土台をしっかり固めたい」
子育てと仕事の両立で社内結婚がメリットに 「今からキャリアの土台をしっかり固めたい」
はたらく夫婦カンケイ
AERA 3時間前
エンタメ
NCT DREAMがAERAの表紙に登場 「パフォーマンスに対する真心、ファンに対する真心を大事にステージに立っている」/『AERA』6月17日発売
NCT DREAMがAERAの表紙に登場 「パフォーマンスに対する真心、ファンに対する真心を大事にステージに立っている」/『AERA』6月17日発売
AERA 3時間前
スポーツ
もう我慢の限界? 中村奨成、根尾昂、吉田輝星は今季も苦戦 プロで“生き残る道”あるのか
もう我慢の限界? 中村奨成、根尾昂、吉田輝星は今季も苦戦 プロで“生き残る道”あるのか
プロ野球
dot. 4時間前
ヘルス
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉麹屋の娘を体調不良から救ったのは「きのこの味噌汁」 基本の作り方と驚きのオリジナル味噌汁とは
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉麹屋の娘を体調不良から救ったのは「きのこの味噌汁」 基本の作り方と驚きのオリジナル味噌汁とは
dot. 6/13
ビジネス
新NISA「まとまったお金=100万円あっても積立投資がベストか」40年検証でわかった良い選択肢
新NISA「まとまったお金=100万円あっても積立投資がベストか」40年検証でわかった良い選択肢
AERA Money
AERA 6/13