「米大統領選」に関する記事一覧

【米大統領選】トランプ再立候補への流れを予言した大澤真幸の提言「アメリカがトランプを選択しない未来」とは?
【米大統領選】トランプ再立候補への流れを予言した大澤真幸の提言「アメリカがトランプを選択しない未来」とは?

2024年11月に実施されるアメリカ大統領選挙。全世界に影響を与える新大統領の座は、バイデン大統領とトランプ前大統領で争われる公算が大きくなってきた。前回の大統領選直後の2020年12月に、「バイデンの勝利が真の敗北の原因になるとしたら……」という論考を「一冊の本」という月刊誌で発表したのが社会学者の大澤真幸氏。大澤氏の論考は、これまでの流れを見事に予言していて、このままいけばトランプが再選する可能性も十分にある。『この世界の問い方──普遍的な正義と資本主義の行方』(朝日新書)に収録された大澤氏のこの論考の後編をお届けする。

dot.
【予言的中】「とても嫌な予感がする」とバイデン当選直後に、4年後のトランプ立候補と大統領返り咲きまでの流れを予言していた、2020年12月発表の論考を特別公開
【予言的中】「とても嫌な予感がする」とバイデン当選直後に、4年後のトランプ立候補と大統領返り咲きまでの流れを予言していた、2020年12月発表の論考を特別公開
2024年11月に実施されるアメリカ大統領選挙。全世界に影響を与える新大統領の座は、バイデン大統領とトランプ前大統領で争われる公算が大きくなってきた。ウクライナ侵攻、ガザ侵攻、そして台湾有事にも大きな影響を与える大統領選の行方はどうなるのか。前回の大統領選直後の2020年12月に、「今回のバイデンの勝利が真の敗北の原因になるとしたら……」という論考を「一冊の本」という月刊誌で発表したのが社会学者の大澤真幸氏。大澤氏の論考は、これまでの流れを見事に予言している。『この世界の問い方──普遍的な正義と資本主義の行方』(朝日新書)に収録された大澤氏のこの論考を、前後編に分けてお届けする。
米大統領選朝日新聞出版の本朝日新書書籍読書大澤真幸この世界の問い方
dot. 2/26
散り際に意地見せたヒラリーと「ミシェル・オバマ待望論」
散り際に意地見せたヒラリーと「ミシェル・オバマ待望論」
「見事な敗北宣言だ」
米大統領選
AERA 11/16
トランプに「完敗」した“主要メディア”の地団駄
トランプに「完敗」した“主要メディア”の地団駄
ドナルド・トランプ大統領の誕生は、米国の主要メディアの敗北を意味する。「資質」のなさを全力で暴こうとしたが、彼の支持層へ届いていなかった。
ドナルド・トランプ米大統領選
AERA 11/15
反トランプ派のセレブ“謎の沈黙”も…米国から「脱出」はどうなる?
反トランプ派のセレブ“謎の沈黙”も…米国から「脱出」はどうなる?
全世界から衝撃をもって受け止められたドナルド・トランプ氏(共和党)の大統領選の勝利。当選確実のニュースが流れた直後から、米国内で混乱が続いている。トランプ氏の住居があるトランプタワー(ニューヨーク)には反トランプ派の数千人が詰めかけ、抗議デモを行った。また、米メディアによると、カリフォルニア州オークランドでは、約250人の民衆が抗議デモを行い、その一部が暴徒化し、商店の窓ガラスや車を破壊しようとしたという。
米大統領選
dot. 11/10
北原みのり「アメリカとサヨナラしたい」
北原みのり 北原みのり
北原みのり「アメリカとサヨナラしたい」
作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は、米国大統領選の報道を見て、アメリカ、日本について考える。
北原みのり米大統領選
週刊朝日 11/9
狙いは日本の医療保険制度? 米大統領選後に始まる「TPP再交渉」
狙いは日本の医療保険制度? 米大統領選後に始まる「TPP再交渉」
米大統領選で「TPP反対」が大きなテーマになったことで、米国が日本にさらなる譲歩を求める“極秘シナリオ”が動き始めている。安倍政権は「再交渉はない」と強気だが、医療保険や農産物などの分野に、米国は狙いを定めている。新大統領の誕生で、日本はどう変わるのか。
TPP米大統領選
週刊朝日 11/9
こっちもトランプがヒラリーに勝利? マスクを巡る“負けられない場外戦”
こっちもトランプがヒラリーに勝利? マスクを巡る“負けられない場外戦”
11月9日(現地時間8日)に投開票を迎えた米大統領選で、ドナルド・トランプ候補(共和党)の当確をAP通信など米主要メディアが伝えた。度重なる暴言や女性スキャンダルでイメージが地に落ちた感すらあったトランプ候補だけに、多くの人にとって驚きの事態なのではないだろうか。
米大統領選
dot. 11/9
米大統領選 「メール問題」だけじゃない ヒラリーの命運を握るのは誰だ?
米大統領選 「メール問題」だけじゃない ヒラリーの命運を握るのは誰だ?
投開票日の11月8日間際に、不祥事が続々と浮上し、「窮地」に追い込まれた民主党候補のヒラリー・クリントン。最後の演説は弱々しくさえあった。
米大統領選
AERA 11/8
田原総一朗「トランプ氏『絶対有利』説がそれでも消えない理由」
田原総一朗 田原総一朗
田原総一朗「トランプ氏『絶対有利』説がそれでも消えない理由」
米国の大統領選で、泡沫候補と目されていたドナルド・トランプ氏。しかし、いまだトランプ氏の絶対有利説を主張する面々がいる。その理由をジャーナリストの田原総一朗氏が分析する。
ドナルド・トランプ田原総一朗米大統領選
週刊朝日 10/21
テレビ討論は“ヒラリー勝利”なのに「トランプ大統領」の現実味
テレビ討論は“ヒラリー勝利”なのに「トランプ大統領」の現実味
初のテレビ討論会で、米メディアは、クリントン候補に軍配を上げた。しかし、激戦州の支持率では劣勢に立ち、“トランプ大統領”の可能性がなぜか高まっている。
ドナルド・トランプ米大統領選
AERA 10/4
くすぶる「ヒラリー重病」説 勢いづく“トランプ大統領”の現実味
くすぶる「ヒラリー重病」説 勢いづく“トランプ大統領”の現実味
米同時多発テロから15年を迎えた追悼式典で、米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏が体調不良を訴えた。奇しくも選挙の流れがここで変わった。
ドナルド・トランプ米大統領選
AERA 9/21
米大統領選「劣勢」トランプ氏の新選挙参謀は「危険な工作員」
米大統領選「劣勢」トランプ氏の新選挙参謀は「危険な工作員」
劣勢が伝えられる米大統領選の共和党候補トランプ氏。主要メディアを敵に回し、右派サイト会長を選挙参謀に起用するなど、「分断」を加速させている。
ドナルド・トランプ米大統領選
AERA 8/31
この話題を考える
あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
「銃」強硬トランプ氏を支えている米国人の素顔とは?
「銃」強硬トランプ氏を支えている米国人の素顔とは?
一般人に銃保有の権利を認めている米国でも、その是非は大統領選のたびに争点になってきた。根強い銃規制反対派とは、どんな人たちなのだろうか。
ドナルド・トランプ米大統領選
AERA 8/24
「ガラスの天井」とは別にもう1枚? ヒラリー・クリントンが青空を望めない理由
「ガラスの天井」とは別にもう1枚? ヒラリー・クリントンが青空を望めない理由
女性初の米大統領選指名候補を確実にした民主党のヒラリー・クリントン氏。「ガラスの天井」に歴史的なヒビを入れたが、青空はまだ望めそうにない。
ドナルド・トランプ米大統領選
AERA 6/14
米大統領選カリフォルニア州予備選直前 トランプもヒラリーも嫌な心理
米大統領選カリフォルニア州予備選直前 トランプもヒラリーも嫌な心理
米大統領選で、民主党の指名候補争いのヤマ場となるカリフォルニア州予備選。サンダース、クリントン両陣営からは支持者たちの本音が聞こえてきた。
米大統領選
AERA 6/8
米大統領選 アウトサイダー支持から見える「声なき大衆」
米大統領選 アウトサイダー支持から見える「声なき大衆」
米大統領選で指名候補争いの首位を走るトランプと、若者に支持を広げるサンダース。共和・民主両党とも非主流派が“主役”の選挙戦を占うのは、「声なき大衆」の動向だ
ドナルド・トランプ米大統領選
AERA 5/2
米大統領選「トランプもクリントンも金まみれ」有権者たちの怒りの声
米大統領選「トランプもクリントンも金まみれ」有権者たちの怒りの声
米大統領選予備選挙のクライマックス「スーパーチューズデー」。各陣営の集会や投票所で、有権者たちの「怒り」を聞いた。
ドナルド・トランプ米大統領選
AERA 3/8
1
カテゴリから探す
ニュース
〈お気持ちの見える皇室の公務〉皇后雅子さまは、なぜ柔らかな素材のドレスをお召しだったのか 「ほぼ立ちっぱなし」の両陛下
〈お気持ちの見える皇室の公務〉皇后雅子さまは、なぜ柔らかな素材のドレスをお召しだったのか 「ほぼ立ちっぱなし」の両陛下
雅子さま
dot. 3時間前
教育
「桶狭間の戦い」実は奇襲ではなかった? 織田信長の逆転劇を今川義元と解説
「桶狭間の戦い」実は奇襲ではなかった? 織田信長の逆転劇を今川義元と解説
桶狭間の戦い
dot. 2時間前
エンタメ
億をつぎ込むギャンブル好きの「クズ芸人」粗品と水原一平容疑者の決定的な違いとは?
億をつぎ込むギャンブル好きの「クズ芸人」粗品と水原一平容疑者の決定的な違いとは?
水原一平
dot. 3時間前
スポーツ
昨季ブレイクの男たち“2年目のジンクス”は 巨人の正遊撃手には安定感、開幕から“不安”な選手も
昨季ブレイクの男たち“2年目のジンクス”は 巨人の正遊撃手には安定感、開幕から“不安”な選手も
プロ野球
dot. 20時間前
ヘルス
女医が考える中絶に関する権利 アリゾナでは160年前の法律が有効になることへの衝撃
女医が考える中絶に関する権利 アリゾナでは160年前の法律が有効になることへの衝撃
dot. 4/17
ビジネス
ビジネスコンペ300戦無敗! いじめられっ子だった私が「選ばれる人」になった理由
ビジネスコンペ300戦無敗! いじめられっ子だった私が「選ばれる人」になった理由
朝日新聞出版の本
dot. 22時間前