「司法試験」に関する記事一覧

司法試験に合格できず進路変更 でも「法科大学院に進学してよかった」と語る理由とは? 出入国在留管理庁に就職
司法試験に合格できず進路変更 でも「法科大学院に進学してよかった」と語る理由とは? 出入国在留管理庁に就職

司法制度改革で法曹養成を目的に設置された法科大学院(ロースクール)。修了すると弁護士・裁判官・検察官になることを前提にスタートしたが、司法試験の受験回数には制限があり(2014年までは3回、現在は5回)、合格できずに他の仕事に就く人もいる。

dot.
【大学ランキング】司法試験の合格者が最も多い大学は 1位は京都大 2位は東京大
【大学ランキング】司法試験の合格者が最も多い大学は 1位は京都大 2位は東京大
【こちらも話題】 「社長の出身大学」ランキング全企業1位日大、2位慶應、3位早稲田一部上場企業では? https://dot.asahi.com/articles/-/201352
大学ランキング司法試験
dot. 11/19
『弁護士のすゝめ』著者 「いまは弁護士不足の時代 企業は組織内弁護士を採用したくてもできない」
『弁護士のすゝめ』著者 「いまは弁護士不足の時代 企業は組織内弁護士を採用したくてもできない」
1999年から始まった司法制度改革の一環として、2004年に開設された法科大学院(ロースクール)。最盛期には74校だったが、現在募集を行っているのは40校減の34校だ。大勢の法曹人材を世に送り出す一方、定員割れが続き募集停止に追い込まれた法科大学院も多い。
司法試験大学院・通信制大学2024弁護士
dot. 7/11
小室圭さんNY州弁護士合格 コラムニスト「『たたいてよし』が合格で変わるか」
秦正理 秦正理
小室圭さんNY州弁護士合格 コラムニスト「『たたいてよし』が合格で変わるか」
「崖っぷち」からの大逆転だ。米国で暮らす秋篠宮家の長女小室眞子さん(31)の夫・圭さん(31)が、7月に受験したニューヨーク州の弁護士試験に合格した。大方の予想を裏切り(?)3度目の挑戦で難関をパスした。
司法試験小室圭弁護士眞子さん
週刊朝日 10/26
小室圭さんは「並大抵の男じゃない」 倉田真由美さんが眞子さんの「男性を見る目」に脱帽
秦正理 秦正理
小室圭さんは「並大抵の男じゃない」 倉田真由美さんが眞子さんの「男性を見る目」に脱帽
小室圭さんがついに米ニューヨーク州の司法試験に合格した。昨年10月に眞子さんと結婚し、2人で渡米した際は不安の声が大きかった。漫画『だめんず・うぉ~か~』の作者、倉田真由美さんも2人のことを気にかけていた一人だ。倉田さんに思いを聞いた。
司法試験小室圭弁護士眞子さん
週刊朝日 10/22
小室圭さん「3度目挑戦」意欲も 頼みの綱は「眞子さんの配偶者」としての就職か
永井貴子 永井貴子
小室圭さん「3度目挑戦」意欲も 頼みの綱は「眞子さんの配偶者」としての就職か
秋篠宮家の長女・眞子さんの夫、小室圭さんの2回目の挑戦となった米ニューヨーク州の司法試験の結果が発表された。合格者一覧の中に小室さんの名前はなかった。小室さんは「不合格だった」と周囲に伝え、7月の次回試験に挑戦する意向を示したという報道も流れる。夫妻が生活の拠点をニューヨークに移してから、5カ月あまり。日本への帰国を回避するためには、眞子さんのビザ取得が鍵となりそうだ。
司法試験小室圭さん眞子さん
dot. 4/16
小室圭さんNY州司法試験に再挑戦 合格でもビザは狭き門「抽選にハズれ、2、3年待った人も」
上田耕司 上田耕司
小室圭さんNY州司法試験に再挑戦 合格でもビザは狭き門「抽選にハズれ、2、3年待った人も」
秋篠宮家の長女、小室眞子さん(30)と昨年11月からニューヨークで新婚生活を始めた夫・小室圭さん(30)は2月22日、23日、ニューヨーク州司法試験に再挑戦したとみられる。英デイリーメールが、試験会場を去る小室圭さんの姿を報じた。
ニューヨークビザ司法試験小室圭さん皇室眞子さん
dot. 2/25
「学び合い」の慶應や一橋、在学中合格の東大…司法試験に強い大学ランキング
「学び合い」の慶應や一橋、在学中合格の東大…司法試験に強い大学ランキング
難関国家試験として知られる司法試験。2021年に最多の合格者を出した法科大学院は、慶應義塾大学法科大学院だった。その数125人。一方、法曹で存在感を発揮し続けてきた東京大学法科大学院は、21年に初めて100人を下回った。この数字の背景には何があるのか。司法試験受験の現場を知る識者に聞くとともに、合格者の多い大学ランキングを紹介する。
司法試験大学ランキング
dot. 1/13
この話題を考える
ニッポンの未来

ニッポンの未来

弁当の無料配布に行列ができる一方で、1部屋25億円というタワマンが人気を博する―――。 バブル崩壊から30年。国民の貧富の格差は広がり、国際競争力は過去最低となった。 この30年で私たちが失ったものは何か、脱出するには何が必要なのか。

日本の未来
AERA創刊2000号 時代を歩く

AERA創刊2000号 時代を歩く

AERAは今年創刊35周年、11月20日号で通巻2000号を迎えました。 さまざまなニュースから社会を読み解き、AERAは時代と共に歩んできました。 2023年のいま、私たちは未来をどう歩くのか。一緒に考えてみませんか?

東京が進化する <再開発ルポ>

東京が進化する <再開発ルポ>

虎ノ門・麻布台・渋谷・日本橋、下北沢――。 いま、東京は「100年に一度」と言われる再開発ラッシュだ。 成熟期にある国際都市として、首都・東京はどう変貌を遂げるのか。 模索されているのは、”個性”を生かした街づくりだ。

東京再開発
昭和レトロが心地よい

昭和レトロが心地よい

クリームソーダにナポリタン、ファミコンにダイヤル式の電話、アナログレコード…。 昭和のカルチャーが、いま、若い世代に人気です。なぜ人は昭和レトロに惹かれるのか。 懐かしくて新しい世界を、もう一度覗いてみませんか?

レトロ
1
カテゴリから探す
ニュース
北朝鮮スパイは日本でいつでも大規模テロを起こせる!?ドラマ「VIVANT」監修者が明かす危険性
北朝鮮スパイは日本でいつでも大規模テロを起こせる!?ドラマ「VIVANT」監修者が明かす危険性
諜・無法地帯
dot. 19時間前
教育
〈きょうの料理土井善晴出演〉「“盛った”料理=愛情」は勘違い 「一汁一菜」が支持される理由
〈きょうの料理土井善晴出演〉「“盛った”料理=愛情」は勘違い 「一汁一菜」が支持される理由
土井善晴
週刊朝日 4時間前
エンタメ
〈FNS歌謡祭きょう出演〉浜崎あゆみ「ものまねタレントと区別がつかない」独特すぎる神々しさの存在感
〈FNS歌謡祭きょう出演〉浜崎あゆみ「ものまねタレントと区別がつかない」独特すぎる神々しさの存在感
浜崎あゆみ
dot. 5時間前
スポーツ
かつての大阪桐蔭エースも…プロでは大苦戦、来季は“崖っぷち”の甲子園のスターたち
かつての大阪桐蔭エースも…プロでは大苦戦、来季は“崖っぷち”の甲子園のスターたち
プロ野球
dot. 8時間前
ヘルス
咳だけが8週間以上治らないのは「咳ぜんそく」? 放置すると「ぜんそく」に移行も【症状チェックリスト】
咳だけが8週間以上治らないのは「咳ぜんそく」? 放置すると「ぜんそく」に移行も【症状チェックリスト】
dot. 9時間前
ビジネス
〈さんま御殿きょうテスタ出演が話題〉80億円株投資家テスタさん「僕はリスクを取ったことがない」…その理由は
〈さんま御殿きょうテスタ出演が話題〉80億円株投資家テスタさん「僕はリスクを取ったことがない」…その理由は
AERAマネー
AERA 12/5