「皇室」に関する記事一覧

なぜ小室圭さんの動向にざわついてしまうのか 名古屋大河西准教授が語る意外な理由

なぜ小室圭さんの動向にざわついてしまうのか 名古屋大河西准教授が語る意外な理由

 秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(31)が、3度目の受験をした米・ニューヨーク州の司法試験に合格してから1カ月がたつ。司法試験に晴れて合格して、小室さん・眞子さんの話題は終息

dot.

11/20

  • 愛子さまと佳子さま「紅白コーデ」に弾み、眞子さんの「道」に思いを馳せた

     皇室のファッションは国民の関心が高いテーマ。先日も、愛子さまと佳子さまの「紅白コーデ」が話題を呼んだ。服装には着る人の内面が表れ、その場に居合わせた人との関係性を露わにすることもある。コラムニストの

    dot.

    11/16

  • 佳子さまがウクライナのテニス選手に「東京はどうですか?」と“普通の会話”に終始した理由

    「東京はどうですか」「日本に来てどのような気持ちですか」 11月10日、テニスの国別対抗戦の抽選式に出席した秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは、笑顔でウクライナの選手に話しかけた。 11日、12日の2日間

    dot.

    11/13

  • 愛子さま「純白」佳子さま「深紅」マナーのプロが読み解く“紅白”コーデに秘められたメッセージ

     11月5日、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまと、秋篠宮家の次女・佳子さまが、皇居で開かれた宮内庁楽部による秋季雅楽演奏会をそろって鑑賞された。いとこ同士で、こうしたお出ましは初めてのことで注目を集めた

    dot.

    11/12

  • 秋篠宮家と小室さんはバッシングの「治外法権」 皇室の「ガン無視」脱却に期待

     小室圭さんがニューヨーク州の司法試験に合格した。だが、一部の週刊誌報道やSNS上でのバッシングはやまない。現代の日本において、皇室の情報発信はどうあるべきか。2022年11月14日号から。*  * 

    AERA

    11/9

  • 佳子さま、キリリとした表情で公務に励む 精力的な姿に辛酸なめ子さんが感じた「決意」とは

     この秋、秋篠宮家・次女の佳子さまは公務に精力的に励んでいる。5日には愛子さまとご一緒に雅楽を鑑賞された。佳子さまと愛子さまのツーショットは、新年でご一家が揃うときぐらいで珍しいことだ。そんな佳子さま

    dot.

    11/6

  • 天皇陛下と雅子さまが“おそろいコーデ” マナー解説者が「鳥肌がたった」と感動した沖縄訪問

     10月22日~23日、即位後初めて沖縄を訪問された天皇皇后両陛下。宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭の開会式では、淡いグレーのスーツにイエローグリーンの

    dot.

    10/30

この人と一緒に考える

  • 上皇ご夫妻米寿に 「あなたと結婚できて幸せだった」美智子さまに語りかける上皇さまの愛情と敬慕

     10月20日に上皇后美智子さまが88歳の米寿を迎えた。上皇さまとおふたりそろっての米寿を記念した記念メダルも発売され、この日には4年ぶりに祝賀行事も行われた。*  *  *「あなたと結婚できて、自分

    dot.

    10/22

  • 【訃報】皇室ジャーナリスト・渡邉みどりさん自宅で死去 美智子さまの報道で逸出

     皇室ジャーナリストの渡邉みどりさんが9月30日、都内の自宅で死去した。享年88。葬儀は関係者によって執り行われた。 渡邉さんは日本テレビで皇室報道や昭和天皇崩御の特別番組の責任者を務め、退職後はフリ

    dot.

    10/10

  • 令和皇室のSNS発信 本当にプラスになる? 公式情報だけでは「みじめになるだけ」と専門家

     地方公務や式典や国体への出席――。コロナ禍でオンライン中心の公務活動だったが、秋にかけて外出を伴う公務が増え、顔の見える皇室が戻ってきた。来年からSNSの活用も「検討」され期待が高まる。しかし、皇室

    dot.

    10/10

  • 佳子さまの喪服姿、なぜここまで話題に 安倍元首相国葬で際立った堂々とした気品

    賛否が割れるなかで行われた安倍晋三元首相の国葬だったが、当日は海外からの要人を含む4183人が参列。その中には秋篠宮ご夫妻ら7人の皇族方の姿も見られたが、ひと際目を引いたのが、秋篠宮家の次女・佳子さま

    dot.

    10/8

  • 雅子さまの肉声が3年ぶりに…エリザベス女王「国葬」に両陛下参列の感動

     天皇皇后そろっての海外公務は7年ぶりだった。雅子さまにとっては皇太子妃だった2015年7月のトンガ以来の外国訪問。短い日程だったが、天皇ご一家が微笑み、言葉を交わす姿を久しぶりに見ることができた。コ

    週刊朝日

    9/30

  • 紀子さま24年不変のショートカット、その合理性と愛と

     女性皇族で注目される事柄の一つといえば、髪形の変化だろう。愛子さまがボブヘアにしたときも「イメージチェンジ」と話題になった。一方で、ヘアスタイルに変化がない場合は世間に注目されにくいが、変わらないこ

    dot.

    9/25

この話題を考える

  • 「Queen」と名乗る電話やエリザベス女王お気に入り料理の店探し 十人十色の皇室と王室の交流

     9月19日に英ウェストミンスター寺院で行われるエリザベス女王の国葬に列席するため、17日、天皇皇后両陛下が政府専用機で英国に向かう。天皇が海外王室の葬儀に参列するのは、平成の時代に上皇さまがベルギー

    dot.

    9/17

  • 「盾となり」皇室を守ったエリザベス女王 平成の天皇の手紙の書き出しは「親愛なるお姉さま」

     英国のエリザベス女王の国葬に、天皇陛下が参列されることで政府が調整している。天皇陛下が葬儀に参列したのは戦後一度だけ。特別な措置に、両国の交流の深さがにじむ対応だ。 * * *「Dear

    dot.

    9/11

  • エリザベス女王 「英国民からの信頼」に影響を与えたダイアナ元妃の存在と「女王の敗北」の背景

     8日に死去した英国のエリザベス女王。25歳の若さで王位を継承し、70年以上にわたり公務を続け、国民から絶大な人気を集めたが、一方で王室へのバッシングが続いた時期もあった。その生涯とはどのようなものだ

    dot.

    9/10

  • 悠仁さま16歳 秋篠宮さまの知人に聞いた、皇室の「教育パパ」と帝王学

     9月6日に悠仁さまが16歳の誕生日を迎えた。筑波大学付属高校に進学し、高校生として過ごす初めての年。部活動や学問など、仲間との高校生活を楽しみつつ、公務もこなしながら、皇位継承者としての「帝王学」も

    dot.

    9/6

  • 眞子さんの「撮られ放題」は宮内庁SNSで変わるのか 抗議の「圏外」秋篠宮家が守るべき「像」

     宮内庁が来年度からSNSを使って情報発信を始めるという。メディアを通さず自ら情報を発信できる便利なツールだが、諸刃の剣。使い方によっては誤ったメッセージを国民に送ることにもなりかねない。宮

    dot.

    9/5

  • 雅子さまは現場の看護師に気遣い 愛子さまは災害ボランティアに関心 皇室の人道支援の歴史をひもとく

    「ダイヤモンド・プリンセス号の場合はいかがだったのでしょうか」 皇后雅子さまは、苫米地則子さん(58)にそう声をかけた。苫米地さんは、世界の注目を集めた2020年2月のクルーズ船「ダイアモンドプリンセ

    dot.

    8/18

1 2 3 4 5

カテゴリから探す