「甲子園2022」に関する記事一覧

「全員野球」で栄冠つかむ 夏の甲子園で仙台育英が東北勢初の優勝を果たした理由

「全員野球」で栄冠つかむ 夏の甲子園で仙台育英が東北勢初の優勝を果たした理由

 第104回全国高校野球選手権大会は仙台育英が東北勢初の全国制覇を飾った。「青春って、すごく密なので」と、初優勝を決めた直後の仙台育英・須江航監督のインタビューも反響を呼んだ。AERA 2022年9月

AERA

8/30

  • 【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る決勝(8月22日)

     第104回全国高等学校野球選手権大会。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれたのか。8月22日に行われた決勝を振り返る。■下関国際(山口)1-8 仙台育英(宮

    dot.

    8/25

  • 高松商・浅野、大阪桐蔭・松尾が“必要”なのは? 甲子園出場のドラフト候補、狙うべき球団【野手編】

     仙台育英の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。ドラフト候補という意味では浅野翔吾(高松商・外野手)、松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)、山田陽翔(近江・投手)などが注目を集めた。今後はプロ志望の選手をどの球団が狙

    dot.

    8/24

  • 「甲子園優勝投手は大成しない」は本当か 過去の優勝投手・約200人を分析

     8月13日、藤浪晋太郎(大阪桐蔭→阪神)と小笠原慎之介(東海大相模→中日)の甲子園優勝投手同士が投げ合った。そこで感じたのが「甲子園優勝投手は大成しない」というジンクスだ。過去に

    dot.

    8/24

  • 近江・山田が合うのは巨人と阪神? 甲子園出場のドラフト候補、狙うべき球団【投手編】

     仙台育英の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。ドラフト候補という意味では浅野翔吾(高松商・外野手)、松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)、山田陽翔(近江・投手)などが注目を集めた。今後はプロ志望の選手をどの球団が狙

    dot.

    8/23

  • 仙台育英が東北勢初V 須江監督が語った「大阪桐蔭へ感謝の思い」に大きな反響

     深紅の大優勝旗が、初めて東北の地に降り立つ。全国高校野球選手権の決勝戦が8月22日にあり、仙台育英が下関国際を8-1で破り、東北勢初となる全国制覇を果たした。 1915年の第1回大会で秋田中が京都二

    dot.

    8/23

  • 【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る準決勝(8月20日)

     第104回全国高等学校野球選手権大会。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれたのか。8月20日に行われた準決勝を振り返る。■聖光学院(福島)4-18 仙台育英

    dot.

    8/22

この人と一緒に考える

  • 大阪桐蔭は打者だけじゃない! “絶対王者”になる前も意外と多いプロ入りの投手

     今夏、通算3度目の春夏連覇は逃したものの、しっかりと強さも見せた大阪桐蔭。毎年のように強力打線を売りにしているが、その一方で、歴代エースたちも、現在の校名になった初年度(1988年)のエース・今中慎

    dot.

    8/21

  • 最速151キロの大型投手も! 今年の“甲子園未出場組”、ドラフト候補の逸材たち

     いよいよ夏の甲子園も大詰めの時期となった。ドラフト候補としては3本のホームランを放った浅野翔吾(高松商)を筆頭に、強肩強打の捕手である松尾汐恩(大阪桐蔭)、準々決勝までの4試合中3試合で二桁奪三振を

    dot.

    8/20

  • 【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る準々決勝(8月18日)

     第104回全国高等学校野球選手権大会。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれたのか。8月18日に行われた準々決勝を振り返る。■愛工大名電(愛知)2-6 仙台育

    dot.

    8/20

  • 準々決勝で姿を消した大阪桐蔭「お客さんの手拍子が本当にすごくて……」王者をのみこんだ甲子園の魔物

     3度目の春夏連覇をもくろんだ王者・大阪桐蔭が準々決勝で姿を消した。 18日、大会第12日の第3試合。大阪桐蔭と下関国際(山口)の対戦は1点を争う好ゲームとなった。 大阪桐蔭は初回から、下関国際の先発

    週刊朝日

    8/19

  • 今年の甲子園で注目した「魔曲」は? 作曲家ジントシオが語る「高校野球応援」の魅力

     熱戦が続く高校野球を盛り上げるのは各校が趣向を凝らした応援。中でもツイッターのトレンド入りするなど、大きな話題となっているのが『魔曲』の存在。攻撃時に何かが起こりそうな雰囲気を作り出す究極の応援曲だ

    dot.

    8/18

  • 大阪桐蔭から5人、夏の甲子園“未出場”の選手も 「U18日本代表」の20人予想してみた

     夏の甲子園も大詰めを迎えているが、大会が終わるとU18W杯(9月9日~/アメリカ・フロリダ)が行われる予定となっている。センバツ高校野球終了後には一次候補の29人が発表されているが、例年の流れから考

    dot.

    8/18

この話題を考える

  • スパルタじゃ選手は育たない “鬼”だった高校野球の「名将」たちが変貌した瞬間

     夏の甲子園も熱戦たけなわ。歴戦の名将の中には、かつては“鬼監督”と選手たちに恐れられたのに、幾星霜を経て、穏やかな“仏”に変貌した監督も多く存在する。

    dot.

    8/18

  • 【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る3回戦(8月15日~8月16日)

     第104回全国高等学校野球選手権大会。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれたのか。8月15、16日に行われた3回戦を振り返る。■明秀日立(茨木)4-5 仙台

    dot.

    8/18

  • 大阪桐蔭を倒す方法はあるのか ベスト8に残った高校「勝てる条件」満たす2チーム

     いよいよベスト8が出そろった夏の甲子園。休養日を1日挟み、準々決勝の4試合は18日に行われるが、これまでの戦いぶりから優勝の行方と見どころを探ってみたいと思う。 まず最大の注目はやはり3度目の甲子園

    dot.

    8/17

  • 【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る2回戦(8月11日~8月14日)

     第104回全国高等学校野球選手権大会。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれたのか。8月11日から14日まで行われた2回戦から7試合をピックアップ。写真と共に

    dot.

    8/17

  • 最後の夏「涙なく」甲子園を去ったプロ野球選手たち それぞれに“泣かない”美学

     甲子園で健闘及ばず敗れた球児たちが試合後に泣きじゃくる姿は、夏の風物詩とも言える。勝者もまた然り。2006年の決勝戦では、早稲田実のエース・斎藤佑樹が優勝を決めた直後、感激の涙を流すシーンが見られた

    dot.

    8/16

  • 野手で「上位候補は2人」か 夏の甲子園で評価を上げた“ドラフト候補”は誰だ

     熱戦が続いている夏の甲子園だが、8月13日の大会第8日に全出場校が登場したこともあって、スカウト陣の視察はひと段落したことになる。昨年の風間球打(明桜→ソフトバンク1位)のような目玉は不在

    dot.

    8/16

1 2

カテゴリから探す