「朝日新聞出版の本」に関する記事一覧

  • 宇宙が「たった一つの数式」で表わせる理由 ニュートンとアインシュタインが書き下した数式

    「宇宙の原理は数学という言語で記述されている」。地動説を唱えた天才物理学者、ガリレオ・ガリレイが残した言葉だ。なぜ宇宙をはじめとする森羅万象は、数式によって厳密に書き下せるのか? 物理法則を探求し続け

    dot.

    3/10

  • 「第二次世界大戦」中の和平交渉から学ぶ ロシアとウクライナの“妥結点”

     ウクライナへのロシア軍侵攻で、欧州は第二次世界大戦以来の危機的な状況となっています。ヨーロッパの地域紛争の大本を探ると、ほとんどが第二次大戦に起因します。戦史・現代史研究家の山崎雅弘さんは近著『第二

    dot.

    3/10

  • 「プーチンはこれでは終わらない。さらに先に進む」 元側近が証言した“暴君”の実像とは

     ロシアのウクライナ侵攻が始まってから2週間以上が経過した。停戦協議はいまだ進まず、戦闘の長期化が懸念されているが、世界が注目するのはプーチン大統領が何を考え、これからどのような動きをするかということ

    dot.

    3/8

  • 「我々はブラックホールの中に住んでいる?」宇宙物理学者が明かすブラックホールの謎

     ブラックホールと聞くと、暗く渦巻いた恐ろしい天体というイメージはないだろうか? 2019年に史上初めて撮影が成功するまで、我々はブラックホールを見たことはなかったのだ。今や天文学の主役と言われるほど

    dot.

    3/3

  • アインシュタイン「人生最大の失敗」の驚くべき顛末

     誰もが知る天才・アインシュタインには「人生最大の失敗」があったという。彼を長年にわたって悩ませた「失敗」の驚くべき顛末とは――。その逸話を宇宙物理学者・須藤靖(東京大学教授)の著書『宇宙は数式ででき

    dot.

    2/24

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 想像力に勝てない舞台・結婚生活・我が子の食事の現実

     42歳での電撃結婚。伝説の高齢出産から4年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は、水野さんが想像と現実は違うと突

    dot.

    2/17

この人と一緒に考える

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 5歳になった我が子の「お父さんの仕事は?」への衝撃的な返答

     42歳での電撃結婚。伝説の高齢出産から4年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。5歳になった我が子に、がんばる親の背中

    dot.

    2/3

  • 1月号<br>仙台大学体育学部准教授 藪 耕太郎 Yabu Kotaro<br>怪しくも蠱惑的な柔術の海外伝播史へのトビラ

    1月号
    仙台大学体育学部准教授 藪 耕太郎 Yabu Kotaro
    怪しくも蠱惑的な柔術の海外伝播史へのトビラ

    『柔術狂時代――20世紀初頭アメリカにおける柔術ブームとその周辺』朝日選書より発売中 僕が初めて海外で出版された柔術教本に出合ったのは、修士(博士前期課程)の2年のときだった。読んだのは、K・サイトウ

    1/5

  • 1月号<br>東京大学文学部准教授 古田徹也 Furuta Tetsuya<br><言葉を大切にする>とは何をすることなのか

    1月号
    東京大学文学部准教授 古田徹也 Furuta Tetsuya
    <言葉を大切にする>とは何をすることなのか

    『いつもの言葉を哲学する』朝日新書より発売中 いま、社会で言葉が雑に扱われている。言葉が軽んじられている。――これは常套句のようによく指摘されることですが、確かに、そう実感せざるをえない場面を、私たち

    1/5

  • 美容院で「キムタクにしてください」から25年…伊藤理佐「なぜ私は好きな男性の髪形にしたがるのか?」

     すっかりアラフィフが板についた人気漫画家・伊藤理佐さんが、夫で漫画家の吉田戦車さんと娘、猫2匹との爆笑生活を綴った「ステキな奥さん」シリーズ第4弾『ステキな奥さん ぬははっ 4』が発売されました。2

    dot.

    12/29

  • Googleが解明した「優れたマネジャーの条件が“良いコーチである”」ことの理由

     Googleのプロジェクト・オキシジェン(Project Oxygen)が解明した、優れたマネジャーの条件の1つ目は「良いコーチである」こと。では、なぜマネジャーは良いコーチでなくてはいけないのでし

    dot.

    12/27

  • 小2「自主学習ノート」が驚きのクオリティ!漫画なのに文章力もアップ?選ばれる学習漫画の秘密

    「おんだんかについてしらべよう」。そんなタイトルのあとに、北極の氷が減っていること、電気の使い過ぎに気をつける大切さなどが、かわいいイラストと共に綴られている。 大阪府の小学2年生・八木隼君の「自主学

    dot.

    12/27

この話題を考える

  • 川田裕美「人から見た自分」と「自分が思う自分」のギャップに悩んだ過去

     ビジネス書『ゆるめる準備』ーータイトルだけ見ると、仕事にプライベートにがんばりすぎず、適度に力を抜いて生きることを勧める本だと思われるかもしれない。しかし同書の著者、フリーアナウンサーの川田裕美さん

    dot.

    12/24

  • 胎児が「生まれるかどうか」を決める世界が与える衝撃 芥川賞作家・李琴峰インタビュー<前編>

     12月7日に芥川賞受賞第一作となる『生を祝う』を上梓した李琴峰さん。「なんで生まれてきてしまったのか」というずっと抱いてきた違和感から出発した作品は、大きな話題となり、早くも重版が決定した。「小説ト

    dot.

    12/23

  • 「殺意も産意もつまるところ、他者を意のままに操りたいという人間の最も根本的な願望の発露にほかならない」芥川賞作家・李琴峰インタビュー<後編>

     12月7日に芥川賞受賞第一作となる『生を祝う』を上梓した李琴峰さん。胎児の同意を得なければ出産できない世界という設定は、新語流行語大賞にノミネートした「親ガチャ」という言葉を想起させ、大きな話題を呼

    dot.

    12/23

  • 4時間の手術後、麻酔から目覚めた母が思わず「ハ、ハンサム…」とつぶやく【漫画家・伊藤理佐の「ステキな奥さん」】

     すっかりアラフィフが板についた人気漫画家・伊藤理佐さんが、夫で漫画家の吉田戦車さんと娘、猫2匹との爆笑生活を綴った「ステキな奥さん」シリーズ第4弾『ステキな奥さん ぬははっ 4』が発売されました。2

    dot.

    12/22

  • トヨタやスターバックスに見る、現代に必要な「DA・DA・DAの無限サイクル」とは

     大きく変化する時代を乗りきるためには、正解主義から修正主義へ移行すべき。そう断言するのは、教育改革実践家の藤原和博さんだ。最新刊『60歳からの教科書――お金・家族・死のルール』(朝日新書)で提唱する

    dot.

    12/21

  • 川田裕美が「また一緒に仕事をしたい」と思われる最大の理由

    「また一緒に仕事をしたい」ーーひとつの仕事が終わったときそう言われるのは、誰にとってもうれしいことで、次の仕事への意欲にもつながる。読売テレビ在籍中から、フリーになって東京を拠点に活躍する現在に至るま

    dot.

    12/17

3 4 5 6 7

カテゴリから探す