「朝日新聞出版の本」に関する記事一覧

職場とは「怒りの多発地帯」 自衛隊メンタル教官が教えるスケープゴードを生まないための対処法

職場とは「怒りの多発地帯」 自衛隊メンタル教官が教えるスケープゴードを生まないための対処法

 長年「自衛隊」という大きな組織の心理教官を務めた、心理カウンセラーの下園壮太さんは「組織が一定の疲労状態に陥ると、急激にメンバー間のバトルが多発するようになります」と語る。「組織が疲労する」とはどん

dot.

6/30

  • 秀島史香

    秀島史香

    「ドッカンと笑わしたろか」は失敗の元 オリジナル"新語"の上手な作り方と正しい使い方

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    6/30

  • 「はやぶさ2プロジェクト」が9つの“世界初”実現を可能にしたマネジメントの秘密とは

     2022年6月29日、小惑星「リュウグウ」から貴重なサンプル(試料)を持ち帰った「はやぶさ2プロジェクト」が正式に終了することが発表されました。今後は、「はやぶさ2拡張ミッション」という新しいプロジ

    dot.

    6/30

  • あなたは何タイプ?「副業」で稼げる人、続かない人の違いは“性格”で決まる

     給料は上がらないのに物価は上がり続ける日本。このままでは……という不安から、副業に取り組む人が大きく増えている。だが、せっかく副業を始めても続かないという人も少なくない。

    dot.

    6/28

  • すぐに怒る=ダメ親ではない 「親子バトル」が「親子パワハラ」にならないためのコツを自衛隊メンタル教官に聞いた

    「子どもが自分の思い通りに動かない」時、親はついイライラしてしまうもの。しかし「イライラ」を親自身が上手に取り扱わないと、「親子パワハラ」となって、子どもを深く傷つけてしまいます。子育てのコツについて

    dot.

    6/23

  • 秀島史香

    秀島史香

    トークでも“見出し”が重要! 相手の心をつかむ技

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    6/23

  • 「ケアをシェアできる社会」が日本人の孤独を癒やす 三浦展×小林和人×河尻亨一

    リノベーションやシェアリングエコノミーなど「所有からシェア」への消費行動の変化を、マーケティング・アナリストの三浦展さんは「第四の消費」と名付けた。6月、三浦さんは近い将来訪れる「第五の消費」を見据え

    dot.

    6/22

この人と一緒に考える

  • 日本低迷の元凶「思考停止社会」を変える、日本人の強靭な強みとは

    「どの部署で仕事をするか、勤務地をどこにするか」は、場合によっては自分の人生を決定づけてしまうような重大事項です。しかし日本では、それらが自分の意向とは無関係に他の人の判断で決まることが当たり前のよう

    dot.

    6/21

  • 沖縄「慰霊の日」 闇夜に参拝する自衛官と、戦没者の遺骨の軽さに感じる“分断”

     原発と基地――「国益」の名の下に犠牲を強いられる「苦渋の地」で今、何が起きているのか。政府や行政といった、権力を監視する役割を担うメディアは、その機能を果たせているのか。福島と沖縄を持ち場とする2人

    dot.

    6/21

  • 「無印良品」から「ダイソー」「メルカリ」まで 00年代に起きた生活消費の変化 三浦展×小林和人×河尻亨一

    リノベーションやシェアリングエコノミーなど「所有からシェア」への消費行動の変化を、マーケティング・アナリストの三浦展さんは「第四の消費」と名付けた。6月、三浦さんは近い将来訪れる「第五の消費」を見据え

    dot.

    6/21

  • ゆるい、ボロい、スカスカに象徴される「第四の消費」とは何だったのか 三浦展×小林和人×河尻亨一

    リノベーションやシェアリングエコノミーなど「所有からシェア」への消費行動の変化を、マーケティング・アナリストの三浦展さんは「第四の消費」と名付けた。6月、三浦さんは近い将来訪れる「第五の消費」を見据え

    dot.

    6/20

  • もし今パワハラ被害にあっているなら「やってはいけないこと」と「直ちにやるべきこと」を自衛隊メンタル教官に聞いた

     もし今、あなたが職場などでパワーハラスメントの被害にあっているとしたら、もしくは身近に見聞きしているとしたら、どのように被害者の「心」を守っていけば良いのか。『自衛隊メンタル教官が教える イライラ・

    dot.

    6/16

  • 秀島史香

    秀島史香

    不自然な「間」がリモート会議の質を上げる?“無駄”を大事にするコミュニケーション術

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    6/16

この話題を考える

  • 「オカアサン、シンダヨ」難民の一言から始まった言葉の交流 人権なき日本の外国人政策に静かに抗う人々の物語

     病死・餓死・自殺が相次ぐ入管の過酷な実態、時給400円の縫製工場、戦前の「特高警察」の流れをくむ暴力、繰り返される実習生への性的虐待、ネット上にあふれる偏見と嘲笑の視線…&hellip

    dot.

    6/15

  • 鴻上尚史

    鴻上尚史

    2人の知的障害児の子育てに疲労困憊する33歳女性 息子を施設に預ける後ろめたさに苦しむ相談者に鴻上尚史が語りかけた「一番大切にすべきこと」

     知的障害の子供2人の子育てに疲労困憊し、息子を施設に預けた後ろめたさを吐露する33歳女性。今後どうしたらいいのかと惑う相談者に、鴻上尚史が語りかけた「一番大切なこと」とは?【相談147】知的障害の子

    dot.

    6/14

  • 【ナンシー関 没後20年】今も変わらぬ面白さ。ナンシー関の圧倒的存在感を味わう

     消しゴム版画家のナンシー関さんが亡くなって、6月12日で20年が経つ。1993年に始まった「週刊朝日」の名物連載「小耳にはさもう」では、お茶の間を賑わすタレントらを素材に、類まれな観察力で小気味よい

    dot.

    6/12

  • 秀島史香

    秀島史香

    「シーン…」としても大丈夫 会話で“沈黙”が実は大切な理由

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    6/9

  • 元内閣府の官僚が経験した「ブラックな組織」の実態 倒れる前に実践すべき“組織サバイバル術”とは

    仕事にやりがいを感じていている人でも、労働環境がブラックな人でも、転職を考えている人の多くは「人間関係」に悩み、それを主な転職理由としています。気まぐれな上司、言うことをきかない部下、一方的に敵視して

    dot.

    6/3

  • 秀島史香

    秀島史香

    その「例え」独りよがりになっていませんか? 相手も思わずうなずくコツとは

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    6/2

1 2 3 4 5

カテゴリから探す