「大学入試」に関する記事一覧

  • 東大は70位、京大は50位…“就職偏差値”トップの意外な大学とは?

     大学の価値は入試の難易度(偏差値)という「入り口」のハードルの高さだけでは測れない。社会で活躍する人材を育てる役割が大学にあるとするならば、卒業生の就職という「出口」も重要。出口の実績で全国の大学を

    週刊朝日

    1/27

  • “公立”一貫校が高校募集停止ラッシュ 私立が危機感「学費の差は大きい」

     中高一貫校といえば、私立のイメージが強かったが近年、公立が存在感を強めている。その勢いに私立が困惑するほどだ。AERA 2020年1月27日号では、自治体を交えた最新の動きに迫った。*  *  * 

    AERA

    1/24

  • 追い込み時期こそよく寝ること 佐藤ママの大学受験必勝法

     4人の子ども全員が東大理IIIに合格した佐藤ママこと佐藤亮子さんによる、受験生とその親を応援する短期集中連載。第2回は「追い込み時期こそよく寝ること」と題してお送りする。*  *  * 早いもので、

    週刊朝日

    1/13

  • 佐藤ママ「初詣は行く必要なし」受験生のお正月の過ごし方

     いよいよ本格的な受験シーズンが到来。4人の子ども全員が東大理IIIに合格した佐藤ママこと佐藤亮子さんによる、受験生とその親を応援する新連載が始まります。第1回は「読解力」について。*  *  * 受

    週刊朝日

    12/30

  • 早稲田が慶應を圧倒! 新たな指標「専願率」で選ばれる大学とは?

     今回、編集部では東進ハイスクールの協力のもと、早慶やMARCHなど各大学グループ内で、併願せずにその大学だけを受験した人の割合「グループ内専願率」(以下、専願率)を出した。例えば、「早慶」グループで

    週刊朝日

    12/13

  • 「大学院に行きたい」と100万円借りたものの…無理な教育ローンに親が後悔したワケ

     子どものためとはいえ、家庭に重くのしかかる教育費。少しでも負担を軽減し自分たちの老後資金を確保する意味でも、届け出するだけでもらえるお金のことを知っておきたい。AERA 2019年12月16日号では

    AERA

    12/12

この人と一緒に考える

  • 大学入学共通テストのゴタゴタで“超”安全志向の受験生 逆に早慶レベルが狙い目! 

     新テストの混乱を避けて「超」安全志向か、あえてチャレンジするべきか――。 本年度の大学入試で、受験生は志願先をめぐって例年になく難しい選択を迫られている。第1の要因は来年度から導入予定の「大学入学共

    週刊朝日

    12/8

  • まるで誘導…記述式問題「自由な思考」に逆行するガチガチ解答条件に中止を求める声

     大学入学共通テストで国語と数学に導入予定の記述式問題の見直しを求める声が強まっている。実際にどんな点が問題なのか。高校教師や予備校講師が分析した。AERA 2019年12月2日号では具体的な出題内容

    AERA

    11/30

  • 日大ショック、東洋躍進 「大学選び」いま進学したいのは?

     併願した大学・学部にどちらも合格(W合格)した場合、どちらを入学先に選ぶか──。大手予備校・東進ハイスクールのデータを元に注目の併願パターンを徹底比較した。今や、ブランドや偏差値(難易度)だけに頼ら

    週刊朝日

    11/23

  • 慶應に暗雲? “W合格後の進路”早稲田が巻き返しの兆し

     今や、ブランドや偏差値(難易度)だけに頼らなくなった大学選び。併願した大学・学部にどちらも合格、つまりW合格した場合、どちらを入学先に選ぶか。大手予備校・東進ハイスクールのデータを元に注目の併願パタ

    週刊朝日

    11/22

  • 北原みのり

    北原みのり

    北原みのり「目をつむれない医大差別入試」

     作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は医大入試の女性差別について。*  *  * 医大の差別入試発覚から1年以上が経った。訴訟が様々な形でおこり始めてはいるが、被害の

    週刊朝日

    11/16

  • 「英語専門家おらず、民間試験の話題なし」導入の経緯を「知るはず」の委員の証言で浮かぶ疑惑

     土壇場で延期が決まった大学入学共通テストの英語民間試験。公平性が担保されないだけでなく、 審議の過程も不透明だ。導入の経緯を「知るはず」の識者たちが取材に応じた。AERA 2019年11月18日号に

    AERA

    11/14

この話題を考える

  • 「英語民間試験の5年延長は安倍官邸の陰謀」前川喜平・元文科次官が激白

     来年度から始まる大学入学共通テストで導入を予定していた英語の民間試験を、土壇場で方針転換した安倍政権。「身の丈」発言で釈明に追われた萩生田光一文部科学相は国会で経緯の不透明さを追及された。内実を知る

    週刊朝日

    11/13

  • 難関国立大「推薦・AO入試」に強い高校ランキング! 東大トップ公立校のユニークな教育とは?

     大学入試改革で難関私立大や国立大が推薦・AO入試を拡大する方針だ。当然ながら高校選びにもこれまでとは違い視点が重要になる。AERA 2019年11月4日号では、東大、京大、阪大など難関10国立大への

    AERA

    11/3

  • AO入試が「学力不問の簡単入試」は過去の話 実施大学が増える本当の理由

     AO入試=「学力不問」「特別な才能を持つ人向け」というのは過去の話。いま国立大学も私立大学もこぞって推薦・AO入試を拡大している。AERA 2019年11月4日号では、東大、京大、阪大など難関10国

    AERA

    11/2

  • 増加する「返さなくていい奨学金」 予約型でデメリット解消も

     進学費用が高いから奨学金を利用したい、でも、借りれば借りた分だけ返済で苦しむの? 親に負担をかけたくないと悩む受験生を救うのが、給付型の奨学金だ。国や自治体、企業、大学独自のものまで探せばたくさんあ

    週刊朝日

    10/21

  • 大学生の半数が利用する「奨学金」 給付型が使えない場合のテク3つ!

     日本学生支援機構「学生生活調査」によると、大学生(昼間部)で奨学金を利用しているのは約半数。家庭の年収区分で見ると、年収1000万円以下の家庭が88.7%を占める(平成28年度)。 もし「給付型奨学

    週刊朝日

    10/21

  • ICU学生1人に赤字200万円も…高い「資産運用力」で補填の歴史

     受験生やその保護者にとって気になるのは、やはり受験する可能性がある大学の経営指標だろう。本来は大学病院の有無、系列校や一貫校の有無など法人ごとの収益構造の違いにも留意してグループ分けするのが望ましい

    AERA

    10/19

3 4 5 6 7

カテゴリから探す