「北朝鮮」に関する記事一覧

  • 米朝首脳会談が実現、安倍内閣に突きつけられた二つの課題とは

     シンガポールでの史上初の米朝首脳会談を経て、安倍内閣に突きつけられた課題は二つ。まずは拉致問題だ。 6月12日夕、安倍晋三首相が官邸の記者団の前に現れた。「日本にとって大切な拉致問題について、トラン

    AERA

    6/19

  • 米朝首脳会談 トランプ大統領がほしいモノ

     シンガポールで6月12日に開かれた史上初の米朝首脳会談で、最も目を引いたのは、トランプ大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長のスキンシップだった。 「お会いできて光栄です。この場所に来られ

    AERA

    6/19

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「二転三転のトランプは本当に『北』を屈服させたのか」

     ジャーナリストの田原総一朗氏はすぐに考え方が変わるトランプ大統領に疑問を抱く。*  *  * 6月12日に、シンガポールのセントーサ島にあるカペラホテルでの、米朝首脳による歴史的な初会談が決まったよ

    週刊朝日

    6/13

  • 壮大なテレビショーと化した米朝首脳会談 金正恩“亡命の下準備説”も

     シンガポールの現地時間午前10時ころ、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長が笑顔でがっちり握手をした。米国と北朝鮮による歴史的な首脳会談がついに行われた。会談冒頭では金委員長の表情はやはり緊張の

    週刊朝日

    6/12

  • 米朝首脳会談狂騒曲 シンガポールから迷惑の声相次ぐ

     米国と北朝鮮の歴史上初の首脳会談が、狂騒曲と化してきた。トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長が相次いで現地入りし、世界中から注目されるシンガポール。北朝鮮側は外貨不足で滞在費用を出せないという、

    週刊朝日

    6/11

  • 米朝首脳会談の「中止支持」で安倍首相が「勇み足」 その背景にある事情

     米朝首脳会談は「中止」から一転、「予定は変えていない」。トランプ大統領に安倍晋三首相も振り回される。*  *  *「6月12日、シンガポール」へサプライズ続きのトランプ劇場だが、ジェットコースター並

    AERA

    6/5

この人と一緒に考える

  • 米朝首脳会談中止で波紋 北朝鮮に通う写真家・初沢亜利が見た内情

     6月12日に予定され、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長によれば「歴史的出会いになる」はずだった米朝首脳会談が、トランプ米大統領の意向で中止となった。これを受けて北朝鮮の金桂寛(キム

    週刊朝日

    5/25

  • 米朝首脳会談中止 トランプ節を封印し、金正恩へ投げた“癖玉”とは?

     史上初となるはずだった米朝首脳会談の中止をトランプ米政権が発表した。悲観するのはまだ早い。実は交渉はまだ始まったばかりだ。 一方的にはしごを外すのが得意で独善的なトランプ米政権。一方的に約束を破るの

    AERA

    5/25

  • “北側クリステル”に異変 女子アナから今後の米朝会談を予想

    「われわれの平和的な努力と善意に、無礼な挑発で応えた」 北朝鮮は5月16日、米韓両軍が11日に始めた定例の共同訓練を理由に挙げ、6月12日に控えた米朝首脳会談について「改めて考慮せざるを得ない」と中止

    週刊朝日

    5/23

  • 姜尚中

    姜尚中

    姜尚中「点数稼ぎのような形で日朝首脳会談をセッティングすることは国益に反することになりかねない」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 米朝首脳会談が6月12日にシンガポールで開催されることになりま

    AERA

    5/23

  • 姜尚中

    姜尚中

    姜尚中「私たちは東アジアの冷戦が終わるという意味を考えなければ」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * このコラムが掲載される頃には、南北首脳会談は終わっていることで

    AERA

    5/9

  • 朝鮮半島の平和議論に加われない「憎まれ役」安倍首相のジレンマ

     朝鮮半島の将来像を描く首脳外交の急展開で脇役の安倍晋三首相。 主役として拉致問題を克服し、対話の輪に加われるのか。*  *  * 4月27日、軍事境界線をまたぐ板門店で11年ぶり3度目の南北首脳会談

    AERA

    5/8

この話題を考える

  • 「竹島のデザート」が意味する“日本外し” 虚しく響く安倍首相の拉致アピール

     外交の成果をアピールしてきた安倍晋三首相が、朝鮮半島情勢の激変に置き去りにされている。 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日、板門店(パン

    dot.

    4/28

  • 東京五輪に北朝鮮の美女軍団がやってくる? どうする安倍政権

     金正恩氏が巧みな外交手腕を発揮している。昨年末まで核実験や弾道ミサイル発射実験で関係国を敵に回し、一触即発だった。だが、平昌五輪でのほほえみ外交でまさかの大逆転。電光石火の如く南北、米朝会談を決め、

    週刊朝日

    4/12

  • 中国電撃訪問 金正恩が絶対に核兵器を手放さない理由

     国会が森友問題で揺れていた3月25~28日、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が電撃的に北京を訪問し、習近平・国家主席と会談した。中国外務省の発表では、金正恩氏は非核化に前向きな姿勢だったという。だが

    週刊朝日

    4/4

  • 米中韓が首脳会談へ、北朝鮮に圧力一辺倒の安倍政権どう乗り切る?

    「日本が取り残されるということは、何を意味しているのか」と安倍首相は自問した。 3月28日の参院予算委員会で、対北朝鮮外交について聞かれた時だ。「日本にとって最重要である拉致問題が置き去りにされるので

    AERA

    4/3

  • 古賀茂明

    古賀茂明

    古賀茂明「安倍総理は国益を売る日朝首脳会談をやってはいけない!」

     佐川宣寿・前国税庁長官が、国会の証人喚問で、森友問題について安倍晋三総理夫妻、官邸、財務省首脳の関与はないと断言したことを受けて、安倍政権は、「これで疑惑は晴れた」と幕引きを始めた。 もちろん、ただ

    dot.

    4/2

  • 姜尚中

    姜尚中

    姜尚中「問題は北朝鮮がどういうプロセスであれば核凍結に応じるのか」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 平昌(ピョンチャン)オリンピックとパラリンピックが無事に閉幕し

    AERA

    3/22

1 2 3 4 5

カテゴリから探す