「介護を考える」に関する記事一覧

介護の救世主に? 排せつ支援や見守りに広がる「すごい」センサー

介護の救世主に? 排せつ支援や見守りに広がる「すごい」センサー

 人手不足に悩まされる介護分野で、救世主として期待されている技術の一つがセンサーだ。人の目や耳、手の代わりとなり仕事や暮らしを助けてくれる。見守りから排せつのサポート、危険の察知まで、介護の現場で進化

週刊朝日

11/21

  • 「減薬」で認知症が改善!? 高齢者施設で薬が減らせぬ“三つの壁”

     入居者の減薬をすすめる高齢者施設が出始めている。一般に施設の減薬は多くの障壁があり難しいとされるが、認知症の改善や介護職員の負担軽減にもつながったという例も報告されている。 アルツハイマー病を患うサ

    週刊朝日

    2/16

  • 「介護虐待」の6割は息子と夫 愛情が生む家族の悲劇

     奇声を発し、子どものように足をばたつかせる母親。黙らせようと怒鳴り、思わず殴りそうになっていた──。 こう振り返るのは、東京都品川区に住む仲茂明さん(仮名・62)だ。実際は殴るフリでやめたというが、

    週刊朝日

    12/21

  • 親孝行のはずが「介護殺人」へ 親を虐待しない7カ条

     超高齢化社会を迎え、家族による親への虐待が深刻になってきた。“孝行心”や愛情から踏み切った自宅介護。だが介護に疲れ果て、気づかぬうちに虐待へとエスカレートしてしまう。介護する

    週刊朝日

    12/21

  • 心を鬼にして親の口座通帳から支払いを 介護費用の自己負担で差がつく国の制度

     介護にはお金がかかる。2025年には要介護認定者が780万人に上り、自己負担額も増える見通しだ。子どもはつい負担したくなるが、介護にかかる費用は、親の貯金や年金から使うのが基本。それでも経済的に厳し

    週刊朝日

    11/24

  • 元おニャン子・新田恵利さんも介護のお金に苦労 「母は年金も貯蓄もなく…」

     介護にはお金がかかる。2025年には要介護認定者が780万人に上り、自己負担額も増える見通しだ。もし親が払えなければ子どもが負担するのは世の常。当事者の話をきいた。*  &nbs

    週刊朝日

    11/23

  • 親の介護で生活が破綻、54歳でホームレスに 貧困の入り口となる選択とは

     介護にはお金がかかる。2025年には要介護認定者が780万人に上り、自己負担額も増える見通しだ。後悔したくないと、子は無理をしてしまいがち。ただし、介護離職は絶対に避けるべきだと専門家は指摘する。*

    週刊朝日

    11/23

この人と一緒に考える

  • 母が認知症に 保坂展人東京都世田谷区長が「認知症条例」で目指す幸福感

     今年10月、世田谷区は「認知症とともに生きる希望条例」を施行した。当事者や家族の意思を尊重した内容で、“認知症のバリアフリー”を目指す。全国的に認知症患者や家族をサポートする

    週刊朝日

    11/7

  • 笑わない人は要介護リスク増 コロナ禍のコミュ不足で一層危険に?

    「もう2週間も笑っていません」「どうすれば笑えますか」 今、高齢者からそんな相談が介護施設など各所に寄せられているという。表情が乏しくなった人は、どこか元気がないように見える。“笑い&rd

    週刊朝日

    11/6

  • 「後悔しない老人ホーム選び」5カ条 建物や設備にだまされるな!

     ともに要介護3の父(87)と母(81)がいる記者(次女)の介護ルポ第2弾。前回は両親の在宅介護を諦め、都内の特別養護老人ホーム(特養)に入れる決心をするまでの過程を伝えた。今回は特養の選び方や予想以

    週刊朝日

    11/1

  • プロレスラーはヘルパー向き? 内館牧子&くさか里樹「介護の面白さ」を語る

     終活をテーマにした内館牧子さんのベストセラー『すぐ死ぬんだから』が今夏、本誌連載「新生ヘルプマン ケアママ!」の作者・くさか里樹さんの手でコミック化されました。お二人が介護の“クリエーテ

    週刊朝日

    10/13

  • 内館牧子「“若者には負ける”がいい老後のスタート」 人生100年時代の生き方

     三田佳子さん主演でドラマ化もされた『すぐ死ぬんだから』がコミックになって今夏に刊行されました。漫画にしたのは本誌連載「新生ヘルプマン ケアママ!」の作者・くさか里樹さん。「ケアママ!」単行本刊行を記

    週刊朝日

    10/13

  • 身寄りのない人には“特別な取り計らい”も いま注目の「ケアハウス」とは

     人生100年時代、子供に自分の介護を任せるのは気が引ける、しかし有料老人ホームは高い。そうした思いを胸に秘めている人におすすめなのが、ケアハウス。年々その存在感を高めているケアハウスは、自治体の補助

    週刊朝日

    9/18

この人と一緒に考える

  • 「今年は虐待が増える」? コロナ禍“密室”の高齢者施設で何が!

    「ブラックボックス」化した高齢者施設で、おぞましい虐待が起きていることが内部告発で明らかになった。おでこにたんこぶ、顔にあざ、大腿骨骨折で入院などの異変に気づいた職員が音声を録音し…。新

    週刊朝日

    8/30

  • コロナ禍“密室”の高齢者虐待 録音記録に職員が「ぶん殴るよ」

     新型コロナ対策で高齢者施設の多くが家族の面会を制限している。「ブラックボックス」化した施設で、おぞましい虐待が起きていることが内部告発で明らかになった。記録に残されていたのは被害者の痛々しい傷痕と、

    週刊朝日

    8/29

  • 「介護大崩壊」コロナで起きた負の連鎖…“倒産”へ、そして“認知症進行”

     ケアマネジャーのAさん(東京都)は、医療機関から依頼があった男性(70代)のケアプランの作成に頭を抱えていた。 ケアプランは、介護サービスを利用するために必要な介護計画書で、ケアマネジャーが当事者や

    週刊朝日

    6/14

  • マスク不足に人材不足も加速か “withコロナ”で困窮する介護の現場

     休業、利用控え、ヘルパー不足……。新型コロナウイルスの影響で、デイサービスや訪問介護の事業所が経営危機にさらされている。サービスを受けられない利用者には認知症の進行がみら

    週刊朝日

    6/14

  • 嫌いな母は看取れない…過干渉の母親が認知症になった女性の場合

     都内の出版社で働く編集者、ハルカさん(55)の母(82)は今、重度の認知症を抱えて介護付き有料老人ホームで暮らす。「認知症が進行して、あれほど執着した娘の私のことも、もうわからない。いい気なもんだ、

    週刊朝日

    5/17

  • 「あなたの介護はできません」“重すぎる母”に苦しめられた娘の叫び

     過干渉、身体的・精神的暴力、親の依存症……。複雑な母娘関係を抱えたままようやく自分の人生を踏み出した中高年女性たちが母の介護で再び直面する苦悩、選んだ道は? 親の介護が人

    週刊朝日

    5/17

1 2 3 4 5

カテゴリから探す