「不倫」に関する記事一覧

  • もはや“黒ベッキー”で復活? カンニング竹山のフォローもカギか

     ベッキーが、テレビから消えた──。雑誌でゲス極・川谷(絵音)とのLINEが暴露されたことが響いた。10本のCM契約が白紙となり、出演していた「金曜日のスマたちへ」や「人生のパイセンTV」など10本の

    週刊朝日

    2/17

  • ゲス乙女もこれが原因?「LINEクローン」で中身が流出

     新年早々の不倫報道に「ドキッ」とした人もいるのではないか。報道ではLINE上の会話などが明かされたが、なぜプライベートなやりとりが流出したのか。可能性を探った。 いま、LINEの“流出”が国民の関心

    AERA

    2/2

  • ベッキーとのLINEを彷彿!? ゲス乙女・川谷絵音「直接的な表現は使わない」

     タレントのベッキー(31)との不倫を報じられた人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)が1月15日、「ミュージックステーションSP」(テレビ朝日系)に生出演した。 「週刊文春

    dot.

    1/15

  • スキャンダル処女だったCM女王の危機 自ら記者会見を申し出たベッキーの勝算

    「多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことを深くお詫び申しあげます」 1月6日夜、おびただしく光るフラッシュの中で、タレントのベッキー(31)が頭を下げた。翌日に発売を控えた雑誌に載る人生初の恋愛スキャ

    週刊朝日

    1/13

  • ベッキーはメンタル強すぎる…不倫発覚後初の生出演 笑顔で乗り切った姿にネット民も「驚愕」

     人気バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)との不倫騒動が発覚したタレント・ベッキー(31)が1月9日、騒動発覚後初めてとなる生放送番組となったバラエティー「にじいろジーン」(フジテレビ系)に出

    dot.

    1/9

  • ベッキー不倫報道で謝罪会見 どこまでなら「いいお友達」なの?

     スキャンダル処女といわれてきたタレントのベッキー(31)が1月7日発売の「週刊文春」で人気ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(27)との不倫が報じられた。 同誌によると、2人は正月に

    dot.

    1/7

この人と一緒に考える

  • 局部切断事件 ドロドロ不倫裁判 被害弁護士の痛々しい現在

     男性弁護士、A氏(42)の局部を枝切りバサミで切断し、トイレに流すという猟奇的な事件の裁判の行方が今、注目されている。 傷害罪などに問われているのは元プロボクサーで慶応大学法科大学院生だった小番(こ

    週刊朝日

    12/25

  • 「異文化交流パーティー」で浮気、こっそり株売買…夫と妻、それぞれの秘密

     夫や妻に内緒で、恋愛や資産運用に走る人は少なくない。“秘密”は明らかにされないほうがうまくいくのか。 神奈川県に住むカホさん(45)は、十数年前から夫から預かった家計の「ほぼすべて」を株に注ぎ込んで

    AERA

    12/4

  • 芸能人の「親子関係は不存在」他人事じゃない? 夫に言えない妻の秘密

    「親子関係は不存在」。芸能人夫婦の話と思ったら違う。夫に言えない秘密を持つ妻は少なくないのかもしれない。 11月19日、俳優の大沢樹生さん(46)が元妻の女優・喜多嶋舞さん(43)との間の長男が実子で

    AERA

    11/30

  • 裸の写真を…「サイバー不倫」に溺れる人妻の“告白”

     不貞行為とは、配偶者以外の異性と自由意思で性的関係を持つこと――不倫について、日本の裁判例では、おおむね「本人たちの自由意思」で「性的結合」があったかどうかが、不貞、すなわち不倫か否かを左右するポイ

    dot.

    11/27

  • ゴム着ければ不倫OK…「放し飼い婚」というヘンな夫婦関係

    ゴム着ければ不倫OK…「放し飼い婚」というヘンな夫婦関係

     結婚と恋愛は別だ。結婚しても婚外の誰かを愛することはある――そんな婚外での恋愛、つまり不倫を認め合う「放し飼い婚」を実践する驚くべき夫婦が存在するという。 「放し飼い婚」は、社会学でいう「オープン・

    dot.

    11/17

  • 夫のパジャマを…「ウチ来る不倫」にハマる妻たち

     もっとも秘密が保たれる、それでいて密会にも適している、そして何よりカネがかからない――そんな婚外での恋愛、不倫をしている向きに打ってつけの場所、それが、家、すなわち自宅である。今、その自宅を密会場所

    dot.

    11/13

この話題を考える

  • 武豊「不倫報道」でネット騒然 「最終13Rは“美馬”に騎乗?」

     JRAの武豊騎手(46)とフリーアナウンサーの美馬怜子(31)の手つなぎデートを10月22日発売の『女性セブン』が伝えている。 同誌によると5日の午前2時ごろ、六本木の路上でほろ酔い加減の武は、美馬

    dot.

    10/23

  • コンプライアンス違反を戒める? 不倫、妊娠題材の文楽

    コンプライアンス違反を戒める? 不倫、妊娠題材の文楽

     今も昔も男の苦難は一緒。不倫相手の妊娠に、跡目争い……現代のサラリーマンにも身を置き換えられる泥沼を描いた浄瑠璃がある。どんな物語なのか、次世代を担う文楽太夫の一人、豊竹咲甫大夫さんが紹介する。* 

    週刊朝日

    5/5

  • 「夫の不倫を訴えたい」慰謝料請求に時効あり!

     夫婦トラブルの代表例に挙げられる不倫。その慰謝料請求にも時効があることをご存知だろうか。法律相談サイト「弁護士ドットコム」の元榮太一郎代表が寄せられる法律相談とともに説明する。【相談内容】 2年前、

    週刊朝日

    2/24

  • 写真家・アラーキーが最初に惚れた男とは?

     セルフ出版(現・白夜書房)の設立に参加し、エロ本業界にこの男ありといわれた名編集者、末井昭。その妻で、写真家の神藏美子。二人は出会ったとき、妻と夫がある身で、妻の元夫は文芸評論家の坪内祐三氏だった。

    週刊朝日

    1/22

  • 「しょっちゅう、離婚というものが…」名物“エロ本”編集者の苦悩

    「しょっちゅう、離婚というものが…」名物“エロ本”編集者の苦悩

     エロ本業界の名編集者・末井昭と、妻の写真家・神藏美子。彼女が2002年に出した、前夫・坪内祐三氏(文芸評論家)と末井氏との「三角関係」を記した私的ノンフィクション写真集『たまもの』(筑摩書房)は当時

    週刊朝日

    1/22

  • 上司の妻と不倫......浮かび上がるロスジェネの苦悩

    上司の妻と不倫......浮かび上がるロスジェネの苦悩

     俳優の石田純一さんがモデル・長谷川理恵さんとの不倫交際報道の中で発した名言「不倫は文化」から18年目の今年。上戸彩さん主演の不倫ドラマ「昼顔」が、「流行語大賞」の候補語50語にノミネート。さらに海外

    BOOKSTAND

    12/23

3 4 5 6 7

カテゴリから探す