「ママ友」に関する記事一覧

スザンヌが明かす熊本移住の本音「子どもと2人で東京暮らしは想像できなかった」

スザンヌが明かす熊本移住の本音「子どもと2人で東京暮らしは想像できなかった」

 地元熊本で子育てをしながら、タレントとしても活躍を続けるスザンヌさん(33)。自身のSNSでは自然やたくさんの人に囲まれてのびのびと暮らす普段の様子を綴っている。「地方でもできる仕事が増えている」と

dot.

10/29

  • 「パパ」「ママ」は恥ずかしい?親を下の名前で呼んでみた理由

     昔のような家父長制の強い家制度が崩れ、いわゆる「友達親子」という言葉も市民権を得た。時代の流れを象徴するかのように、両親を「お父さん、お母さん」などではなく、名前やあだ名で呼ぶ子どもたちが現れ始めて

    dot.

    6/12

  • PTA非会員の子は集団登校も運動会のテントにも入れない?! まだ残る“差別”の是非

    「『あなたがPTAをやめるなら、お子さんは運動会のテントに入れなくなりますよ』って言われたんです。子ども席のテントはPTAの予算で購入したから、って。朝の集団登校にも、PTA主催の行事にも、うちの子だ

    dot.

    4/9

  • 「#PTAやめた」で嫌がらせも 法改正後初めての新学期に現場から悲鳴

     この春、PTAが揺れている。 たとえば、PTAの役員(会長・副会長・書記・会計など)をする人たちからは、こんな声が聞こえてくる。「保護者から、苦情の電話がかかってくるんです。『PTAが加入意思を確認

    dot.

    3/19

  • 子ども部屋が散らかって勉強しない “元凶”は学習机だった?!

     子どもが小学校に入ったら、学習机をプレゼントしたいと考えている家庭は多いのでは。でも、ちょっと待って。それって本当に使いこなせますか? 家事シェアや子育てをラクにする「子育てモヨウ替えコンサルタント

    dot.

    11/10

  • 女性が友達づきあいで心を病んでしまう理由とは?「要注意」性格3タイプ

     女性にとって、大人になればなるほど痛感するのが女友達の大切さ。困ったときに助けになる一方、友達付き合いに悩んでメンタルを壊すことも。そんなときどうしたらいいのか。週刊朝日増刊Reライフマガジン「ゆと

    dot.

    11/9

  • 「ママ友にうかつに戦略漏らせない」今年も全国の母親が“保活”に悲鳴

     4月入園に向けた保育園の申し込み結果が各地で発表され、子どもを入園させることができなかった日本中の働く親たちが悲鳴を上げている。「保育園落ちた日本死ね!!!」というネットの書き込みも話題となり、同じ

    AERA

    3/1

この人と一緒に考える

  • 「みすぼらしく感じて…」名門校ママ 入学後のコスト

    「みすぼらしく感じて…」名門校ママ 入学後のコスト

     子どもの教育に注力すると、それにともなう投資も大きくなる。さらに高学歴やグローバル教育を目指すと教育費自体がかかるのはもちろんだが、それに付随する出費もある。名門校入学後の“ソサエティーへの参加コス

    AERA

    6/5

  • エクセル計算したら周囲から浮く…PTA作業に悲鳴

     働く親にとって、PTA活動は敬遠したいもののひとつ。効率の悪さに辟易することもあるが、やり方や関わり方を変えることで、展望も開けそうだ。 都内のある私立小で昨年度、役員を務めた女性(39)は振り返る

    AERA

    5/7

  • ママ友界で「東大卒」隠す女性「バレないよう神経使う」

     東大卒の女性たちは、その「称号」が輝かしいだけに、子育てにおいても学歴を意識せざるを得ない。円滑な人間関係のために、あえてそれを隠そうとする人もいる。 キャラ設定に神経を使う「ママ友関係」で、「東大

    AERA

    4/22

  • ひきこもりは経済的?! 社会から孤立する“ひきこもり主婦”たち

     職場トラブル、夫の転勤、DV……。「よい妻」「よい母」幻想に縛られて、社会から孤立し、家族以外との対人関係を避ける“ひきこもり主婦”たちがいる。近著『大人のひきこもり』(講談社現代新書)も含め、この

    週刊朝日

    1/27

  • ママ友「仕分け」結果、ほぼ全員が必要なかった?

    ママ友「仕分け」結果、ほぼ全員が必要なかった?

     子育ての苦労を分かち合い、情報を共有し合うママ友。現代のママたちには最も重要なネットワークだ。だが、その付き合い方には、高度な整理スキルが必要。時には本当に必要な友人かどうか「仕分け」することも必要

    AERA

    11/25

  • リアルすぎる「子づくり日記」…ママが離れていく瞬間

    リアルすぎる「子づくり日記」…ママが離れていく瞬間

     広げようと思えば、どこまででも広げられるママ友の輪。学生時代の友人や仕事仲間などと決定的に違うのは、「困難を乗り越えながら絆を深めたわけではない」ということだ。子どもが繋いだ偶然の縁に、360度良い

    AERA

    11/18

この話題を考える

  • 時給800円のママ友が頼り? わが子を守る術

     9月、神戸市で小学1年生の女児が連れ去られ、殺害される事件があった。7月には都内で、小学3年生の女児が男から渡された「あめ」を口にして昏倒した事件もあった。不安を抱える母親は多いが、仕事などから十分

    AERA

    10/10

  • 美智子さま 何度もママ友に“おわびの電話”

     皇后・美智子さまは今年10月で80歳、傘寿を迎えられる。同い年の皇室ジャーナリスト、渡辺みどりさん(80)が、心温まる美智子さまのエピソードを書き下ろした。*  *  * 世紀のご成婚から5年。美智

    週刊朝日

    9/18

  • FBに子宮の写真でドン引き…ママ友SNSストレス

    FBに子宮の写真でドン引き…ママ友SNSストレス

     LINEやフェイスブックで、24時間つながるママ友。携帯の画面で延々と続く「お付き合い」のストレスは、公園デビューより重く、しんどい。実際のエピソードを紹介する。 都内の会社員(35)は、長女(2)

    AERA

    9/12

  • 「これって私のことかな…」FBでママ友ぎくしゃく?

    「これって私のことかな…」FBでママ友ぎくしゃく?

     ママ友同士の付き合いは支えになる一方、時には負担になることも。特にSNSが普及してきた近年は、新たな気苦労もあるようだ。 都内に住む主婦(40代)は、ママ友グループのメンバーとFBでもつながっている

    AERA

    8/31

  • ママ友を家に招くときは注意! 58%のママが気になるものとは?

    ママ友を家に招くときは注意! 58%のママが気になるものとは?

     新たな出会いが多いこの季節、子どもの家庭訪問やママ友同士のお宅訪問など、来客を迎えることも多いのでは。ママ友の来訪時、整理整頓の度合いやインテリア、お茶うけなど気にするポイントは数あれど、意外と忘れ

    dot.

    5/12

  • 「全方位に見栄を張らない」 破綻せずセレブに見せる方法

    「全方位に見栄を張らない」 破綻せずセレブに見せる方法

     都心の高級住宅地に住み、外国車に乗り、子どもを私立に通わせ、ブランド品に身を包んで豪華なランチを楽しむ――。首都圏ではこんな生活を送っている人もいる。だが、こんな専業主婦の暮らしぶりで、家計は破綻し

    AERA

    4/4

1 2

カテゴリから探す