「お金」に関する記事一覧

  • 「年金は働きながらもらう」でも損しない? 年金改正法の4つのポイント

    「年金をもらいながら働く人」が有利に──。先の国会で成立した「年金改正法」は、そうした新制度が目白押しとなった。これまでは働けば働くほど受給額が減らされてきた。その制度が大きく変わろうとしている。いち

    週刊朝日

    8/9

  • 家族信託が相続対策で増加 株を“そのまま相続”のメリット

     コロナショック後、日本の株式市場には若い投資家が目立つようになったが、個人投資家の主役はやはり高齢者。70~80代でバリバリ投資を行う一方、将来の相続に備えて持ち株をどうすべきか悩んでいる人が多いと

    週刊朝日

    7/12

  • サラリーマンの副業収入減も給付金対象に 知らないと損する「もらえるお金」

     緊急事態宣言が解除されてから1カ月。世の中は“日常”を取り戻しつつあるものの、飲食店などは依然として厳しい状況にある。個人事業者が活用できる「もらえるお金」は?*  *  *

    週刊朝日

    7/6

  • 給付金制度「支援拡充」を見逃すな! テレワーク助成金や家賃支援も

     国や自治体が事業者を支援する給付金制度は、緊急対応措置として、マイナーチェンジが繰り返されている点に注意したい。典型例は、雇用調整助成金。コロナの影響で一時的な事業縮小を余儀なくされた場合に発生する

    週刊朝日

    7/6

  • 老後資金確保の資産運用で「絶対にやってはいけない」3つの行動

     老後資金確保に向けて原則となる資産運用の考え方は、「長期・分散・積み立て」に基づき、低コストの投資信託で国際分散投資を行っていくことだ。その際、決してやってはいけない「3箇条」を解説する。※「週刊ダ

    ダイヤモンド・オンライン

    6/16

  • 大企業の社長を部下にするたった1つの方法

    ●永守さんだって、孫さんだって部下にすることができる 日本電産の永守重信さん、ソフトバンクグループの孫正義さん、信越化学工業の金川千尋さんなどは、いずれも日本を代表する著名経営者です。社会人になってま

    ダイヤモンド・オンライン

    5/26

この人と一緒に考える

  • コロナ相場を正確に予想していた投信会社があった! 投資のプロが明かす

     コロナショックで3月に1万7千円を割り込んだ日経平均株価はいつの間にか2万1千円をうかがう展開に。「大恐慌以来の不況」が叫ばれる中、足元の“コロナ相場”はなぜ強いのか。今後は

    週刊朝日

    5/24

  • 「キャッシュレス詐欺」にご用心、若者も簡単にだまされる手口とは

    「キャッシュレス決済」のサービスが数多く登場する昨今、ほとんどの人が、何らかのサービスを利用していることだろう。現金いらずのうえ、ボタン1つで会計が済むとあり、その簡便さが大きな魅力となっている。しか

    ダイヤモンド・オンライン

    5/18

  • テイクアウト助成、テレワーク助成も 申請すべき「もらえるお金」

     相次ぐ休業要請や経済活動の停滞は、家計にも影を落とし始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で激変した暮らしのために、「家計防衛策」をお伝えする。「もらえるお金」ではないものの、税金や保険料、電気代、携

    週刊朝日

    5/2

  • 税金はまだ取り戻せる! 新婚から年金受給者までチャンスあり

     新型コロナウイルス感染拡大の影響で、所得税などの確定申告の期間が延長されている。「わが家は関係ない」と申告を見送った人の中にも、該当者がいる可能性はある。昨年会社を辞めた人、iDeCoの掛け金の年末

    週刊朝日

    5/2

  • 今すぐ申請! 「コロナ・ショック」でもらえるお金、実はこんなに

     千葉県に住む高橋文子さん(仮名)の生活が一変したのは、3月下旬だった。同居する息子が海外で体調を崩し、帰国後にPCR検査を受けると陽性であることが発覚。県内で入院できる病院はすでになく、自宅で看病す

    週刊朝日

    5/1

  • 雇用保険がなくてもあきらめるな 新型コロナの「家計防衛策」

     新型コロナウイルスの感染拡大で激変した暮らし。相次ぐ休業要請や経済活動の停滞は、家計にも影を落とし始めた。安倍政権は低所得者向けに30万円を支給するとぶち上げて迷走し、国民1人あたり一律10万円の特

    週刊朝日

    5/1

この話題を考える

  • 投資信託の運用コスト、0.6%違うと儲けの差はどのくらい? 

     この春、投資信託の積み立てを始めようと思った初心者に注意してほしいのが「信託報酬」。運用に成功してもコスト負けして損益がマイナスになりかねない要注意ポイントだ。アエラ増刊『AERAMoney 今さら

    AERA

    4/18

  • 危機に備えるマネー術 株、投信…「コロナ乗り切る10カ条」

     コロナショックはどこまで深刻化するのか。東京五輪が延期になり、緊急事態宣言も出た。株や原油が暴落し、外国為替市場も乱高下している。金融商品の価値が下がって、大事なお金が“溶けた&rdqu

    週刊朝日

    4/17

  • コロナ緊急経済対策がダメでも 家計を助ける支援制度はこれ!

     安倍首相は4月7日、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を踏まえ、7都府県を対象にした1カ月間の緊急事態宣言を発令した。前日の記者会見では緊急経済対策の財政支出が39兆円と過去最大になると表明。事業

    dot.

    4/8

  • コロナショックが強いる「巣ごもり支出」で破綻しないための生活防衛術

    ●新型コロナの「巣ごもり」で増える支出と減る支出 新型コロナショックは世界経済を揺るがし、東京オリンピックが日本にもたらすはずだった収益も幻と化しつつある。学校は休校になり、イベントは次々中止され、テ

    ダイヤモンド・オンライン

    4/6

  • 銀行窓口では教えてくれない、外貨預金をやめるべき理由

    「日本に比べて金利の高い外貨預金はいかがですか?」と金融機関から勧められた経験はないだろうか? 現在、新型コロナウイルスの影響で為替が急激な円高に進み、一時は1ドル=100円台前半に。為替が円高に進む

    AERA

    3/29

  • 人気FPが金額をズバリ「貯金のゴールはいくら?」「収入の何割が妥当?」

     日本人は貯金が大好き。これだけ国が「貯金から投資へ」というスローガンを打ち出しても銀行のお金は動かない。 いくら貯めたら安心なのだろう。100万円貯めたら1000万円を目標にしたくなるし、1000万

    AERA

    3/28

2 3 4 5 6

カテゴリから探す