• 特集
  • ウクライナ侵攻

ウクライナ侵攻

ロシアによるウクライナ侵攻は終わりが見えない。国際的な緊張が高まる中、いったい何が起きているのか――。情勢を分析する。

  • 「満州事変はプーチンのやり方と一緒だ」 保阪正康が説く「歴史を知ること」の重要性

    「満州事変はプーチンのやり方と一緒だ」 保阪正康が説く「歴史を知ること」の重要性

     ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに、日本の防衛のあり方が注目を集めている。この先どこへ向かうのか。『歴史の予兆を読む』(朝日新書)の共著者・保阪正康さんに聞いた。AERA 2022年7月11日号

    AERA

    7/6

  • 保阪正康が語るウクライナ侵攻 停戦への近道は市民社会化だが「独裁を許容する」現実

    保阪正康が語るウクライナ侵攻 停戦への近道は市民社会化だが「独裁を許容する」現実

     ロシアのウクライナ侵攻に世界は揺れ続けている。この先どこへ向かうのか。『歴史の予兆を読む』(朝日新書)の共著者・保阪正康さんに聞いた。AERA 2022年7月11日号の記事を紹介する。*  *  *

    AERA

    7/5

  • なぜロシア紙編集長はメダルを140億円で売ったのか “美談”だけで終わらない「罪滅ぼし」

    なぜロシア紙編集長はメダルを140億円で売ったのか “美談”だけで終わらない「罪滅ぼし」

    「平和賞のメダルに意味はあるのか」 ノーベル平和賞受賞者でロシア紙編集長のドミトリー・ムラトフ氏が6月20日、米ニューヨークでメダルを競売にかけた。その胸の内を「敵国」ウクライナのメディアに語った。&

    dot.

    6/30

  • ウクライナ市民「ロシア軍の兵士たちは何もかも強奪していった」 ロシアとヨーロッパの対立構造はより鮮明に

    ウクライナ市民「ロシア軍の兵士たちは何もかも強奪していった」 ロシアとヨーロッパの対立構造はより鮮明に

     ロシア軍がウクライナに侵攻して4カ月が経った。首都キーウや周辺の激戦地の様子をフォトジャーナリスト・佐藤慧が報告する。AERA 2022年7月4日号の記事を紹介する。*  *  * 5月中旬、ウクラ

    AERA

    6/29

  • 東浩紀「ウクライナ東部で続いていた紛争 ドンバス地方の繁栄なくして平和なし」

    東浩紀「ウクライナ東部で続いていた紛争 ドンバス地方の繁栄なくして平和なし」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * セルゲイ・ロズニツァ監督「ドンバス」を観(み)た。ウクライナ東部を

    AERA

    6/28

  • 「人道的な信頼構築が必要なのはウクライナだけではない」 安田菜津紀が語る参院選

    「人道的な信頼構築が必要なのはウクライナだけではない」 安田菜津紀が語る参院選

     参院選が公示された。投開票は7月10日。物価高、経済格差、ウクライナ侵攻、環境問題……。課題は山積なのに、驚くほど盛り上がっていない。だが、私たちは肝に銘じなければならな

    AERA

    6/28

  • プーチン大統領「ロシアの日」に動きなし 次の節目は11月4日「民族統一の日」か?

    プーチン大統領「ロシアの日」に動きなし 次の節目は11月4日「民族統一の日」か?

     6月12日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が「ロシアの日」の演説で、ウクライナ侵攻をめぐる発言が注目されたが、直接の言及はなかった。大きな動きが期待される「節目」はいつなのか。AERA 202

    AERA

    6/26

  • プーチン“大帝”の夢想 ロシアを大国に変貌させた「ピョートル大帝」への崇拝

    プーチン“大帝”の夢想 ロシアを大国に変貌させた「ピョートル大帝」への崇拝

     ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が6月12日の「ロシアの日」に演説した。注目されたのは、18世紀のピョートル大帝の名前を出したことだった。 AERA 2022年6月27日号の記事から紹介する。*

    AERA

    6/25

  • 加藤登紀子がロシアに「こんな恐ろしい国になってほしくなかった」

    加藤登紀子がロシアに「こんな恐ろしい国になってほしくなかった」

     歌手の加藤登紀子さんは、1943年に旧満州のハルビンで生まれた。現地でロシア文化に魅せられた加藤さんの父は、引き揚げ後にロシア料理店「スンガリー」をオープン。加藤さん自身もたびたびロシアを訪れ、友好

    週刊朝日

    6/21

  • ロシア軍を追い出してもウクライナ国内は混乱か 「2月24日のラインで妥結が平和的」専門家が指摘

    ロシア軍を追い出してもウクライナ国内は混乱か 「2月24日のラインで妥結が平和的」専門家が指摘

     ウクライナ東部のルハンスク、ドネツクの両「人民共和国」で、ロシア軍が攻勢をかけている。今度どのようなシナリオが考えられるのか。ロシアや旧ソ連諸国の政治に詳しい慶應義塾大学の大串敦教授に聞いた。 AE

    AERA

    6/15

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す