「FA捕手」需要は高いが、新天地での“成功例”少ない? 過去に移籍の14選手を探った

プロ野球

2022/11/24 18:00

 昨年は又吉克樹(中日→ソフトバンク)1人だけと静かだったフリーエージェント(以下FA)による移籍だが、今年はここまで既に3人の移籍が決まり、久しぶりに多くの動きを見せている。そして特徴的なのが移籍の決まった森友哉(西武→オリックス)、嶺井博希(DeNA→ソフトバンク)、伏見寅威(オリックス→日本ハム)がいずれも捕手という点だ。そして過去のFA移籍を振り返ってみると、捕手ならではの傾向が見えてくる。これまでにFAで移籍した捕手の移籍前後の成績をまとめてみると以下のようになった。

あわせて読みたい

  • 福田のFAは険しい道? CランクFAの過去事例から読み解く

    福田のFAは険しい道? CランクFAの過去事例から読み解く

    dot.

    11/18

    今季は阪神・佐藤輝明がブレークも、「大卒スラッガー」の“成功率”は高くない?

    今季は阪神・佐藤輝明がブレークも、「大卒スラッガー」の“成功率”は高くない?

    dot.

    6/27

  • 首位打者になった男も! 独立リーグ出身NPB選手で「ベストナイン」組んでみた 

    首位打者になった男も! 独立リーグ出身NPB選手で「ベストナイン」組んでみた 

    dot.

    12/22

    巨人? ソフトバンク? 山田哲人が移籍したら“最もフィット”するチームは…

    巨人? ソフトバンク? 山田哲人が移籍したら“最もフィット”するチームは…

    dot.

    5/1

  • 日本ハムは選手の“見切り”が上手い?  トレード以外の退団は移籍先で苦しむ傾向

    日本ハムは選手の“見切り”が上手い?  トレード以外の退団は移籍先で苦しむ傾向

    dot.

    7/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す