医師の働き方改革で基礎研究の衰退を懸念 現役教授が考えるメリット・デメリット

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2022/10/14 07:00

一般の企業などで2019年4月から順次施行されている「働き方改革」。その医師版が24年4月から実施されることを見据え、現在各医療機関で準備が始まっています。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、医師の働き方改革について解説します。

あわせて読みたい

  • 医師は増えても外科医だけは0・98倍と減少「余裕がない状態」 働き方改革への外科医たちの期待と不安

    医師は増えても外科医だけは0・98倍と減少「余裕がない状態」 働き方改革への外科医たちの期待と不安

    dot.

    10/7

    医師の働き方は改革できる? 全職種トップ「超長時間労働」の深刻さ

    医師の働き方は改革できる? 全職種トップ「超長時間労働」の深刻さ

    週刊朝日

    3/7

  • 新米教授が挑む大学医学部の「働き方改革」 理不尽を終わらせられるか?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    新米教授が挑む大学医学部の「働き方改革」 理不尽を終わらせられるか?

    dot.

    5/28

    女性医師は休みをとりづらい? 医療現場の働き方改革に必要な三つのこと
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    女性医師は休みをとりづらい? 医療現場の働き方改革に必要な三つのこと

    dot.

    1/3

  • 医師を目指す人の必読書、週刊朝日ムック『医者と医学部がわかる2022』が1月31日発売! これからの時代に求められる医師の姿をあらゆる角度から徹底取材

    医師を目指す人の必読書、週刊朝日ムック『医者と医学部がわかる2022』が1月31日発売! これからの時代に求められる医師の姿をあらゆる角度から徹底取材

    1/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す