元外交官・松川るい参院議員が明かした安倍晋三元首相への思い 「今までの憲政史上にはいなかった」

たかまつなな

2022/09/25 08:00

自民党の松川るい参院議員(右)とたかまつなな
自民党の松川るい参院議員(右)とたかまつなな

 ロシアのウクライナ侵攻によって、日本の防衛についてこれまで以上に注目が集まっている。防衛省は2023年度予算の概算要求で、過去最大の5兆5947億円を計上。年末に決まる最終的な予算は6兆円を超えるとみられている。元外交官で、元防衛大臣政務官の松川るい参院議員(51)は、今後の日本の外交安全保障をどう考えているのか。松川氏が「政治の師」とあおぐ安倍晋三元首相への思いとともに、時事YouTuberのたかまつななが話を聞いた。

【松川るい氏との対談の写真をもっと見る】

*  *  *

■課題は“台湾有事”を起こさせないこと

――私はいま日本とイギリスで2拠点生活をしているんですが、イギリスでウクライナの避難民の方に取材をしていたら、「北方領土の軍事演習だってあるし、日本は大丈夫か?」と心配されました。私自身は全然危機感がなかったんですが、日本がロシアに攻め込まれる可能性は実際にあるのでしょうか。

松川:今、ロシアの主たる戦線はヨーロッパなんですね。ロシアは背後から突かれたくないのでけん制として極東や北方領土で訓練をしています。でも、だからすぐに北海道に攻め込むかというと、現時点ではそういうことではないと思います。ただし、これで北海道は問題ないので南西諸島方面に勢力を集中しても大丈夫という事態ではなくなりました。問題は「中露連携」です。例えば、台湾有事の際に、日本の勢力を分散させるためロシアが北海道を圧迫することは戦術的にあり得ることです。日本は、北海道防衛にも力を入れる必要があります。

 日本で一番危ない場所は南西諸島です。今も続いていますけど、例えば、台湾海峡に侵入する中国の戦闘機が倍増したり、訓練区域と言っているところが台湾の東側にまで来たりしていますね。中国が今回設定した訓練の場所を見れば、中国が仮に台湾侵攻する場合は、もう与那国、宮古、石垣あたりは軍事的に戦域に入ってしまう、つまり日本自身の有事になるんですよ。実際、今回の訓練の中で、与那国島から80キロ地点に中国の弾道ミサイルが着弾しています。まさに「台湾有事は日本有事」なのです。

 ですから、日本の領土を守るためには、台湾を平和裏に抑えておく、台湾有事を起こさせないことが重要です。

NEXT

ウクライナ侵攻で世界は変わった

1 2 3 4 5 6

あわせて読みたい

  • ウクライナ侵攻、中国はほくそ笑んでいる? 米ロ対立で「漁夫の利」を得る狙いか

    ウクライナ侵攻、中国はほくそ笑んでいる? 米ロ対立で「漁夫の利」を得る狙いか

    AERA

    3/10

    台湾有事、最大の危険は中国の「戦略的判断ミス」 戦前の日本と類似点も

    台湾有事、最大の危険は中国の「戦略的判断ミス」 戦前の日本と類似点も

    週刊朝日

    8/24

  • 「台湾有事が起きれば、沖縄戦の悲劇の再来が懸念される」と防衛ジャーナリスト

    「台湾有事が起きれば、沖縄戦の悲劇の再来が懸念される」と防衛ジャーナリスト

    AERA

    5/14

    中国は“過大評価”されている? 経済規模トップでも国民1人あたりで計算すると… 日本に求められる冷静な視点

    中国は“過大評価”されている? 経済規模トップでも国民1人あたりで計算すると… 日本に求められる冷静な視点

    AERA

    4/16

  • 2027年までに中国「台湾侵攻」シナリオ 独立派支援で混乱を狙う可能性も

    2027年までに中国「台湾侵攻」シナリオ 独立派支援で混乱を狙う可能性も

    週刊朝日

    3/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す