佐々木朗希は数字で「伝説的投手」にどこまで迫れるか 奪三振率はリリーフ含め最高レベル

2022/05/16 18:00

 28年ぶりの完全試合、史上最多タイとなる1試合19奪三振、プロ野球記録を大きく更新する13人連続三振など、ここまで異次元の活躍を見せている佐々木朗希(ロッテ)。5月15日終了時点で勝利数(4)はリーグトップタイ、防御率(1.47)はリーグ3位、奪三振数(78)と勝率(1.000)はリーグ単独トップということからも、このまま順調にいけばタイトル争いに絡む可能性は高く、前人未到の領域まで足を踏み入れることも十分に考えられるだろう。そこで今回は過去の伝説的投手が残した記録に佐々木がどこまで迫れるかを探ってみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 「令和の怪物」佐々木朗希 野茂英雄、村田兆治、ダルビッシュを超える奪三振記録を狙えるのか

    「令和の怪物」佐々木朗希 野茂英雄、村田兆治、ダルビッシュを超える奪三振記録を狙えるのか

    dot.

    5/1

    佐々木朗希、一流投手と比べても“別格” 既に異次元の域に到達もピークはまだ先

    佐々木朗希、一流投手と比べても“別格” 既に異次元の域に到達もピークはまだ先

    dot.

    4/18

  • “こんな投手、見たことない” ロッテ佐々木朗希が進化する「未完の怪物」になったワケ

    “こんな投手、見たことない” ロッテ佐々木朗希が進化する「未完の怪物」になったワケ

    AERA

    5/10

    データが示す佐々木朗希の秘密「まだ粗削りでのびしろばかり」

    データが示す佐々木朗希の秘密「まだ粗削りでのびしろばかり」

    週刊朝日

    4/20

  • 今季すでにノーヒットノーランが4人誕生…選手年俸も「投高打低」の時代到来か

    今季すでにノーヒットノーランが4人誕生…選手年俸も「投高打低」の時代到来か

    dot.

    6/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す