教師による「性暴力」はなぜ繰り返されるのか 朝日新聞記者が目の当たりにした“被害者たたき”の実態

性暴力

2022/04/25 16:00

教師の性暴力に苦しむ子どもたちがいる――。学校側がかたくなに事実を認めないために、必要な保護を受けられないばかりか、「被害者にも落ち度があった」と言われるなどの二次被害に苦しめられる理不尽な現実がある。事件と向き合おうとしない学校、周囲からの誹謗(ひぼう)中傷、弁護士からの揺さぶり……。子どもを傷つけられた親もまた社会から追い詰められ、声を上げることを諦めてしまう。なぜ、そんな異常な状態が放置されているのか。苦悩しながらも声を上げ続けた被害者家族の記録をまとめた『黙殺される教師の「性暴力」』(朝日新聞出版)を著した、朝日新聞の南彰記者が寄稿した。

あわせて読みたい

  • 4月号朝日新聞記者 南彰 Minami Akira被害を“なきもの”としないために

    4月号朝日新聞記者 南彰 Minami Akira被害を“なきもの”としないために

    4/7

    性暴力を「ここだけの話」にしない 被害者が声を上げやすい社会をつくるために

    性暴力を「ここだけの話」にしない 被害者が声を上げやすい社会をつくるために

    AERA

    5/13

  • 性暴力なのに「恋愛だと思わされた」 生徒が直面した学校での「呪い」の原体験

    性暴力なのに「恋愛だと思わされた」 生徒が直面した学校での「呪い」の原体験

    AERA

    5/11

    わいせつ処分の教員が過去最多も「氷山の一角」 児童生徒への被害が後を絶たない背景

    わいせつ処分の教員が過去最多も「氷山の一角」 児童生徒への被害が後を絶たない背景

    AERA

    10/28

  • わいせつ教員、逮捕されても別の自治体で再び教壇に 被害者ら「刑罰の軽さ」を問題視

    わいせつ教員、逮捕されても別の自治体で再び教壇に 被害者ら「刑罰の軽さ」を問題視

    AERA

    10/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す