Jリーグで“旬”は短かったけど、記憶に残る活躍見せた「和製ストライカー」列伝

Jリーグ

2022/04/15 18:00

 1993年に開幕したJリーグは、2022年で30年を迎えた。その間、大久保嘉人が歴代トップの191得点を挙げ、佐藤寿人、興梠慎三、中山雅史、前田遼一も「長く」活躍した中で150得点以上を記録している。その一方で、「短い旬」ながらも、優れた得点力を発揮した和製ストライカーたちも多くいる。

あわせて読みたい

  • 出場ゼロに“揉め事”も…今季のJリーグ助っ人、活躍したのは? 期待裏切ったのは?

    出場ゼロに“揉め事”も…今季のJリーグ助っ人、活躍したのは? 期待裏切ったのは?

    dot.

    12/22

    サッカー日本代表でも“主力”になれる高体連出身の若手は?  ユースに押され気味の状況覆せるか

    サッカー日本代表でも“主力”になれる高体連出身の若手は? ユースに押され気味の状況覆せるか

    dot.

    5/19

  • 日本代表入り期待のストライカーは?  Jリーグ注目の若手たち【MF・FW編】

    日本代表入り期待のストライカーは? Jリーグ注目の若手たち【MF・FW編】

    dot.

    12/30

    Jリーグの新助っ人を査定! “働きぶり”で「ベスト3」&「ワースト3」を選出

    Jリーグの新助っ人を査定! “働きぶり”で「ベスト3」&「ワースト3」を選出

    dot.

    7/13

  • 一生忘れません… 短い在籍で“濃厚な記憶”を残して去った外国人選手たち

    一生忘れません… 短い在籍で“濃厚な記憶”を残して去った外国人選手たち

    dot.

    5/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す