YouTube進出のわくわくさん「恩人」はルフィ? 還暦迎え「謎の役者」や「タッチ」声優時代を振り返る

2022/03/19 10:00

還暦を迎えたわくわくさん(事務所提供)
還暦を迎えたわくわくさん(事務所提供)

 巣ごもりでおうち時間が増える中、ある“工作のプロ”がYouTubeに進出して話題を集めている。「わくわくさん」こと、久保田雅人さん(60)だ。

 NHKの教育番組「つくってあそぼ」で1990年から2013年にかけて活躍。ノッポさんが出演した「できるかな」の後継番組であったことから、平成に子ども時代を過ごした人にとっては「ノッポさん」のような存在だ。記者(28)もハサミとのりを手に番組を見て育ったため、わくわくさんはなじみ深い。実は劇団の役者としての活動や、アニメ「タッチ」の声優をしていた意外な過去も。還暦を迎えた今、青春時代から現在までの半生を振り返ってもらった。

*  *  *

――YouTubeチャンネル「わくわくさんの工作教室」で親子向けに工作動画を投稿されています。YouTubeを活動の場に選んだのはどうしてでしょうか。

 NHKの番組終了後、雑誌で工作の作り方を解説させていただく機会がありましたが、動きを伝えることができず、難しさを感じていたんです。たとえば紙コップのロケットが飛ぶところなどは、動きがないと面白みが伝わりづらい。YouTubeの映像で動きを見せることで、工作の面白みがもっと伝わるのではないかと思って始めてみました。

――テレビと比べて、工作の解説の仕方に変化はありますか。

 番組の時は制約上、材料になる商品名や、どこで売っているといった情報は出せなかったのですが、YouTubeであれば詳しくお伝えすることができます。これは大きなメリットですね。

 ただ、テレビでは隣にゴロリ君がいましたが、今は一人。二人で遊ぶゲームをお見せしたいなと思っても、いません(笑)。面白さを伝えるうえでの工夫が必要だなと感じています。

 材料についての最近の悩みは、ストロー問題です。最近のストローは紙になってきているので、工作しづらいんです。プラスチックなら形状を保ちながら曲げることができますし、曲がるからこそできる工作がいっぱいあるんですけど、紙だとできなくなりますからね。もちろんプラごみ問題を考えれば当然の流れですが、材料の変化に合わせて工作しなければいけないので、どう変えていくか模索中です。

――工作のアイデアはどのように得ているのでしょうか。

 私は30年以上、いかにも自分が工作を考えたようにやっていますが、すべて、造形作家・ヒダオサム先生のアイデアなんです。

NEXT

「役者・声優だった意外な過去」

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 『ONE PIECE』声優陣と「尾田っち」の家族ぐるみの付き合い ルフィ役声優・田中真弓が「22年の航海で得た絆」を語る

    『ONE PIECE』声優陣と「尾田っち」の家族ぐるみの付き合い ルフィ役声優・田中真弓が「22年の航海で得た絆」を語る

    dot.

    1/2

    『できるかな』でお馴染み

    『できるかな』でお馴染み"ノッポさん"が本屋B&Bのイベントに登場! 番組制作に対して熱いトークを展開

    BOOKSTAND

    12/23

  • 「少年役はルフィで最後にする」『ONE PIECE』声優・田中真弓が語る「最終回までの目標」

    「少年役はルフィで最後にする」『ONE PIECE』声優・田中真弓が語る「最終回までの目標」

    dot.

    1/1

    「たんけんぼくのまち」から34年、チョーさんから“大きくなったお友だち”へ

    「たんけんぼくのまち」から34年、チョーさんから“大きくなったお友だち”へ

    dot.

    5/5

  • 「誰かが絶対前を向かせてくれる」 声優高山みなみさんが語り尽くす「忍たま乱太郎」の魅力

    「誰かが絶対前を向かせてくれる」 声優高山みなみさんが語り尽くす「忍たま乱太郎」の魅力

    週刊朝日

    12/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す