NFL選手たちの“驚異の身体能力“ 身長196センチ 体重131キロの巨漢で走れて跳べる!その動き!?

NFL

2021/11/09 18:00

NFLでも身体能力の高さが際立つカーディナルスのJ.J.ワット(写真/gettyimages)
NFLでも身体能力の高さが際立つカーディナルスのJ.J.ワット(写真/gettyimages)

 二刀流で全米を沸かせた大谷翔平を持ち出すまでもなく、MLBではこれまで多くの日本人選手が活躍してきた。そしてNBAでは現在、八村塁と渡辺雄太がプレーしている。NHLにはかつて福藤豊が在籍し、今年のドラフトでは安藤優作が指名候補に挙がっていた。だが北米四大スポーツの残るひとつ、NFLだけはいまだに日本人にとって前人未到の領域のままとなっている。

【写真】身長196センチ 、体重131キロでNFLでも屈指の身体能力のカーディナルスのJ.J.ワットの妻はこちら!

 その背景には日本におけるアメリカンフットボールの普及率の低さももちろんあるが、なによりもNFLが圧倒的な身体能力を誇るフィジカルモンスターばかりなのが、やはり日本人にとって大きな壁となっているのは否めないだろう。

 NFLはポジションによって求められるフィジカルが大きく異なるのが特徴だが、怪物ぶりが分かりやすいのは持続的なスピードとジャンプ力でパスキャッチを争うワイドレシーバー(WR)とコーナーバック(CB)、あるいは爆発的な瞬発力が問われるランニングバック(RB)だろうか。

 NFLでもスピードスターとして知られるWRタイリーク・ヒル(チーフス)は、プロ入り前の40ヤード(約36.6メートル)走で4秒29をマークしたが、実は彼は大学まで陸上とアメフトを掛け持ちしていた。2012年の世界ジュニア陸上では200メートルで銅メダル、4×100メートルリレーでは金メダルを獲得した実績を持つ。なお同大会ではのちに日本屈指のスプリンターとなって五輪にも出場したケンブリッジ飛鳥も200メートルに出ていたが、彼は準決勝敗退だった。

 現役屈指のCBであるバイロン・ジョーンズ(ドルフィンズ)は、ドラフト前のスカウティング・コンバイン(運動テストなど)で立ち幅跳びで世界最高記録の147インチ(約3.73メートル)、垂直跳びでも44.5インチ(約1.13メートル)の記録を残している。

 ちなみに上記2人はともに身長180センチ前後、体重もヒルが84キロ、ジョーンズが90キロとNFL選手としては大柄な方ではない(ケンブリッジ飛鳥よりひと回り大きい程度)。サイズとスピードの融合という意味では、近年では大型化が進んでいるタイトエンド(TE)の方が花形かもしれない。

NEXT

ヘビー級の体格で驚くべきスピード

1 2

あわせて読みたい

  • 8度目の五輪出場も? ジャンプ葛西「20歳並み」驚異の運動能力

    8度目の五輪出場も? ジャンプ葛西「20歳並み」驚異の運動能力

    週刊朝日

    2/26

    大谷翔平だけではない 二刀流の可能性を秘めた選手はこの2人だ

    大谷翔平だけではない 二刀流の可能性を秘めた選手はこの2人だ

    週刊朝日

    6/22

  • アメフトが最強? メジャーリーガーに聞いた「野球で通用しそうなアスリート」

    アメフトが最強? メジャーリーガーに聞いた「野球で通用しそうなアスリート」

    dot.

    6/23

    大谷翔平はスポーツ界の「アジア人の概念」変える? パワーでMLBを席巻する凄さ

    大谷翔平はスポーツ界の「アジア人の概念」変える? パワーでMLBを席巻する凄さ

    dot.

    7/16

  • 走り幅跳びで7メートル台を狙う山本篤「常に考えながら」 プロ選手、義肢装具士、客員准教授の3つの顔

    走り幅跳びで7メートル台を狙う山本篤「常に考えながら」 プロ選手、義肢装具士、客員准教授の3つの顔

    AERA

    8/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す