歯科医院で働く「歯科衛生士」って何をする人? どんな理由で目指したのか聞いてみた

歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン”

歯科医

2021/11/15 07:00

 歯科医院に欠かせない歯科衛生士。歯石やプラークの除去などでお世話になった人は多いことでしょう。超高齢社会の中で、今後、ますます必要とされる仕事だといわれています。しかし、一般の人にはまだその重要性は認知されていないかもしれません。そんななか、歯科衛生士を目指すのはどのような人なのか、志望動機は何だったのか、歯科医師の若林健史先生に、自身のクリニックで働くスタッフのケースを聞きました。

【糖尿病、認知症のリスクも!歯周病は大丈夫?14項目チェックリスト】

*  *  *

 私の歯科医院(東京・恵比寿)には26歳から56歳まで、合わせて6人の歯科衛生士がいます。なお、6人すべてが女性です。なぜうちのクリニックに限らず、この仕事に女性が多いのかというと、歯科衛生士法で長い間、歯科衛生士は女子の仕事、と記載されていたことがあります(実際には男性の資格取得も可能でした)。また、歯科衛生士の養成学校の多くが女子のみの募集でした。現在は法律も変わり、大学でも資格を取得できるところが増えたことから、男性もこの仕事に就きやすくなっています。

 話を元に戻しましょう。6人のスタッフのうち最も長くやってくれているのは50代の女性です。新卒(21歳)で当院に就職し、現在まで30年以上、働いています。

 彼女は中学時代、勉強を頑張り、都内でも有名な進学校に入りました。しかし、受験勉強に疲れたこともあり、高校卒業後は大学に行かずに、「何か手に職をつける仕事がしたい」と考えるようになったといいます。手先が器用だったこともあったようです。

 最初はテレビで見た「染色職人」に憧れましたが、

「修業期間が長く、一人前になるまでには大変だ」と親に反対されます。

「何かほかにいい職業はあるだろうか」

 と考えていたときに、ふと、小学校のときに通っていた歯医者の記憶が思い起こされました。

 むし歯が多く、毎年、学校健診で歯医者に行くように学校から手紙を渡されました。それを持って夏休みに歯科医院に通っていたのです。そこで働く女性(歯科衛生士)が生き生きとしていて、とても楽しそうに見えたことが、現在の仕事を選ぶきっかけになりました。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 歯科衛生士の”容姿”や”人数”が歯科医院の実力に関係する?
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯科衛生士の”容姿”や”人数”が歯科医院の実力に関係する?

    dot.

    6/10

    歯科衛生士の能力は、歯科医院の院長の能力に比例する?
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯科衛生士の能力は、歯科医院の院長の能力に比例する?

    dot.

    6/17

  • 歯医者ではなぜ途中でスタッフに交代するの? 歯科医師がずっと診てくれない意外な理由
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯医者ではなぜ途中でスタッフに交代するの? 歯科医師がずっと診てくれない意外な理由

    週刊朝日

    9/24

    歯医者のギモンを歯科医に直撃! なぜ途中で歯科衛生士に交代するの?

    歯医者のギモンを歯科医に直撃! なぜ途中で歯科衛生士に交代するの?

    dot.

    7/15

  • 「こんな患者さんに困っています!」現場で奮闘する歯科医師と歯科衛生士の覆面座談会

    「こんな患者さんに困っています!」現場で奮闘する歯科医師と歯科衛生士の覆面座談会

    dot.

    8/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す