競馬史に残る“神騎乗”といえば? 騎手の「技量」が光ったレースの数々

2021/10/12 18:00

 今年も凱旋門賞が終了。日本に縁のある馬たちが振るわなかったことやドイツ馬の優勝など語るべきポイントはいくつもあったが、ここでは視点を少しずらしてクロノジェネシスのオイシン・マーフィー騎手が選択した序盤の騎乗に注目してみた。

あわせて読みたい

  • 日本ダービーで競馬デビューする!? 最有力馬、超大穴、見どころは…?

    日本ダービーで競馬デビューする!? 最有力馬、超大穴、見どころは…?

    週刊朝日

    5/28

    ディープインパクト、サイレンススズカ…「平成の最強馬」はどの馬だ?<牡馬編>

    ディープインパクト、サイレンススズカ…「平成の最強馬」はどの馬だ?<牡馬編>

    dot.

    1/20

  • 武豊のトホホ 無敗3冠馬誕生レースで騎乗せず、不運続き

    武豊のトホホ 無敗3冠馬誕生レースで騎乗せず、不運続き

    週刊朝日

    10/31

    史上初の海外レース馬券発売! マカヒキが悲願の凱旋門賞制覇に挑む

    史上初の海外レース馬券発売! マカヒキが悲願の凱旋門賞制覇に挑む

    dot.

    10/1

  • 三冠馬ディープインパクト死す 種牡馬でも伝説残した

    三冠馬ディープインパクト死す 種牡馬でも伝説残した

    dot.

    7/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す