渋沢栄一が説く東京オリンピックの「成敗と運命」とは?

渋沢栄一の玄孫が明かす「元気振興」金言

渋沢栄一の玄孫が明かす「元気振興」金言

東京五輪

2021/08/08 17:00

481社の創業にたずさわったという渋沢栄一(渋沢栄一記念館提供)
481社の創業にたずさわったという渋沢栄一(渋沢栄一記念館提供)
渋沢健さん(提供)
渋沢健さん(提供)

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公で「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一。渋沢家五代目の渋沢健氏が衝撃を受けたご先祖様の言葉、代々伝わる家訓を綴ります。

 色々とあった東京オリンピックでした。開催が1年延期され、賛否両論がある中、関係者の心労も多かったと察します。多大なご尽力に心より敬意を示します。冷静に考えると、壮大なロジの組み合わせです。

 現状を踏まえると、東京オリンピック開催は見送った方が無難と思っていました。新型コロナウイルスのデルタ変異株が世界で広まっている状況では、オリンピック開催中に東京で感染者が更に増えるのは不可避ということは誰でもわかることでした。ただ、重傷者や死者数を抑えることができるという思惑での決断だったと察します。

 良くも悪くも今回の東京はコロナ・オリンピックという歴史の名を残すことになるでしょう。しかし、オリンピックであることは間違いなく、コンディションのピークを迎えている世界の選手にとって人生最大の勝負のタイミングで競技する場を提供できたことは良かったです。開催が決定されたのであれば、世界からやってきた選手を温かく歓迎し、健闘を祈り、良い思いを抱いて帰国することを願う。そうした気持ちが我々日本人として大事でありましょう。

 もちろん今回のオリンピックは、全てが美しいスポーツマンシップのために開催された訳ではありません。様々な経済的な、政治的な「大人の事情」があったからこそ、開催に至ったことに間違いありません。

 渋沢栄一の時代ではオリンピックはアマチュアのスポーツ世界大会であり、現在のように商業化された大イベントではありませんでした。また、栄一がオリンピック大会に対してどのような意思を表明していたのかわかりません。

 ただ、生声が残っている「道徳経済合一説」という演説で栄一は、このように述べています。「目的が利潤の追求にあるとしても、その根底には道徳が必要であり、国ないしは人類全体の繁栄に対して責任を持たなければならない。」

NEXT

渋沢栄一のオリンピックの考えは?

1 2 3

あわせて読みたい

  • 渋沢栄一の玄孫が大河ドラマ「青天を衝け」の第一印象で「あり得ない」と驚いたこと
    筆者の顔写真

    渋沢健

    渋沢栄一の玄孫が大河ドラマ「青天を衝け」の第一印象で「あり得ない」と驚いたこと

    dot.

    12/26

    妻・千代をパンデミックで失った渋沢栄一に学ぶ逆境の心構え 玄孫が読み解く
    筆者の顔写真

    渋沢健

    妻・千代をパンデミックで失った渋沢栄一に学ぶ逆境の心構え 玄孫が読み解く

    dot.

    7/25

  • 岸田総理の「新しい資本主義」と日本の資本主義の原点 渋沢栄一の玄孫が分析
    筆者の顔写真

    渋沢健

    岸田総理の「新しい資本主義」と日本の資本主義の原点 渋沢栄一の玄孫が分析

    dot.

    11/14

    子孫に資産を残すことに無関心だった高祖父・渋沢栄一 相続税のいらない財産とは?
    筆者の顔写真

    渋沢健

    子孫に資産を残すことに無関心だった高祖父・渋沢栄一 相続税のいらない財産とは?

    dot.

    4/11

  • 岸田総理の「新資本主義」と渋沢栄一「論語と算盤」の知られざる関係
    筆者の顔写真

    渋沢健

    岸田総理の「新資本主義」と渋沢栄一「論語と算盤」の知られざる関係

    dot.

    10/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す